Entries

修学旅行シーズンが始まりました

 新学期、春本番とともに修学旅行シーズンが始まりました。修学旅行生らに広島平和公園を中心にした碑めぐり案内を頼まれて、させてもらっています。

 いよいよ明日が今シーズン最初の案内となりました。今月だけで4回の予定が入っています。

 今月はすべて中学生ですが、平和公園には全国からやってきます。5~6月は主に中学生が多く、秋になると高校生が多くなります。だいたい10人~15人くらいを一グループで案内するのですが、明日がシーズン最初ということで、改めて案内コースの確認などをしておりました。

 最近は、旅行会社の行程の中に碑めぐりが組み込まれているので、どうしても時間が短いという傾向です。時間が短いと困るのは、第一に初めての生徒らとの「通じる人間関係」を作ることが難しいことです。

 会ってすぐに、この碑は「ああだ、こうだ」と説明するのは僕の性格に合いません。だからどうしても、自分を分かってもらい、聴いてくれる生徒たちも知りたいということからやろうとすると、どうしても時間が足りません。もちろん碑めぐりも、短時間では到底無理な部分もありますし、生徒たちの感想も聞きたいしという感じです。

 だから今年から、僕の方でその学校のホームページを見ておくことにしました。ホームページでは、「いよいよ修学旅行だ!」という書き出しで、新幹線に乗る練習をしたとも書いてありました。明日は午前5時過ぎに学校へ集合だそうです。

 こんなに早く学校へ来て、広島市までやって来て平和公園の碑めぐりをして(させられて)、「可哀想に」と声が出ました。そうなると少しでも、思い出に残る内容にしなければと、これまたプレッシャーです。

 中学生だけではありませんが、生徒たちは本当に「カワイイ」ですよ。もちろん「アレタ」生徒に出会うこともありますが、それはそれでまた「良し」です。

 大人になった時、「中学校の修学旅行で広島の平和公園に行った。面白いおじさんが、大きな声で案内してくれたなあー」ということを、ちょっとでも思い出してくれたら、それで幸いです。出来ればその時に、自分の夫や妻と、子どもたちと、平和公園に来て思い出して欲しいですね。

 修学旅行とはまったく関係ありませんが、面白い川柳というかそんな言葉を見つけました。どうしても皆さんへ伝えたくて書いておきます。

今夜から ゆっくり寝れる 自己破産

 笑ってしまいましたし、まずもって「ら抜き言葉」が良いし、この開き直りが気に入りました。

「広島のシムヤンネ」

 たまに韓国の人と会うことが在るのですが、これをいうと絶対に受ける、みんなが僕を見て笑いながら、歓声をあげるというのがあります。

 5月4日も韓国の平和団体の人が広島を訪れ、交流の場が行われました。その場で、「僕は広島のシムヤンネです」と挨拶すると、一斉に「シムヤンネ、シムヤンネ」という歓喜の声が上がりました。

 シムヤンネという人、韓国の有名なコメディアンで、日本でいうとビートタケシのような辛口の社会批評をする人だそうです。いっておきますが僕はビートタケシが決して辛口な社会批評をする人とは思いませんが、まあーそんな感じのコメディアンだそうです。シムヤンネはコメディアンでもあるそうですが、最近は映画を製作するとかで活躍しているそうです。その点はビートタケシにも似ているかも知れませんね。

 5月4日の交流会の時には、自撮棒で何人もの人から写真を撮られました。なかにはサインをして欲しいとまで頼まれ、まさにタレントのような扱いでした。しかしいくら調子乗りの僕でも、サインは恥ずかしくて勘弁してもらいました。韓国から来た人らは、一斉にスマホからシムヤンネを探して、広島側の参加者にも見せていました。広島側の人も「そっくりだ!」と歓声を上げていましたから、僕もハイテンションになっていました。

 いつか本物のシムヤンネに会って、「広島のシムヤンネ」として日韓交流の橋渡し役をしてみたいものです。

 交流の場では、北朝鮮のこと、「従軍慰安婦」問題、韓国内での受験競争のこと、大統領選挙のこと、儒教社会のことなどに話しが弾み、「明日もまた話そう」とまでリクエストされました。

 韓国は日本と最も近い国ですし、仲良くならなければなりませんね。北朝鮮に対しても、アメリカなどの国と調子を合わせて経済制裁とかいった圧力を掛けるだけでなく、近くの国としてもっと個性的な対話関係を持つ努力が大切なことだと思います。

 韓国からの参加者はほとんどが20歳代の若い人でしたが、日本で宣伝されているような「北は悪い国」という思いではなく、「困ったなあー」という感じでした。それが少し救われたという気持ちにもさせてくれました。

 広島の原爆被爆者の数が多いということで、「韓国のヒロシマ」と呼ばれている慶尚南道の陜川(ハプチョン)に、来月にも「原爆被害資料館」が完成する予定だそうです。韓国でも釜山という最も日本に近い場所から、車で約2時間くらいです。「広島のシムヤンネ」して、是非とも訪ねてみたいと思っています。

復興大臣の発言

 メチャ忙しいという訳でもないのですが、人に会うこと、人前で話すこと、書くこと、新聞や本を読むこと、仕事をしていること、等などでどうしてもブログの方がおろそかになってしまいました。書きたいことはたくさんあるのですが、時期を逸すると古い話題になっているようで、どうしてもスルーしてしまいます。本当はすぐにスルーしてはならないことだらけなのですが。

 今村復興相の発言による辞任、新聞で辞任した日を確認したら4月25日のことですから、ほんの10日前のことです。すぐに忘れてしまうことの忘却に苛立ちを思います。

 4月4日の、原発事故の自主避難者が故郷に戻れないことを、「本人の責任」と発言したこと、そして4月25日の「まだ東北で良かった」という発言、彼の発言の中には原発被害、放射能被害という思いは無いのでしょうね。そういうところは、安倍首相が3月11日の追悼式の式辞で原発事故にひと言も触れなかったという問題と同じだと思うのです。

 今村復興相の方は、積極的に本音を話す人、安倍首相の方は言わないことで本音を出す人、「どっちもどっち」という感じではありますが、安倍晋三の方が悪い知恵は上で巧妙だと思います。

 確かに原発事故が島根であったり、若狭湾であったりしたら、風はこの時期はだいたい東方向に吹くので、日本列島での被害はもっと広がり大変だったとは思います。しかし「まだ東北で良かった」はないでしょう。

 今村復興相も、安倍首相も放射能被害についての特殊性を理解していないのか、知っているのでしょうけども、あえて避けているようで許せないという思いです。

 「3・11甲状腺がん子ども基金」が、甲状腺がんと診断された子どもたちに実施したアンケート結果が送られてきました。その中で甲状腺がんと診断されて心配になったり悩んだことは?という質問に対し、一番多いのは結婚で、治療費、学業、就職、経済、生活、出産というように続きました。心の問題では「いつ死ぬのか」「自分だけがなぜ、と悩んだ」「仕事が続けられるのか」「対人関係において理解が得られない」という言葉も並びました。

 なかには病気を理由に、内定取り消しになったという声もありました。この結果を見て、広島・長崎の被爆者が長年抱えている状況と重なり、大きな衝撃でもありました。

 広島・長崎の体験、チェルノブイリの現実の中で、ヒバクシャの苦しみは、ただ単に病気になるということだけでなく、「もしかしたら」という不安や恐れを感じながら生活をしていかなければならないということを、理解しなければならないと思います。単に病気になるというよりも、不安や恐れを持って暮らす方がたいへんな被害だと思います。

 東日本大震災の被害を、あえて戦略的に地震と津波だけに限定させてしまおうとする復興相も首相も、その魂胆が丸見えだからこそ、やりきれない怒りが湧いてきます。


パノプティコンの住人

 朝日新聞が「パノプティコンの住人」という特集をやっています。読んでいる方もおられると思いますが、とても興味深く見ています。

 パノプティコンとは、「もともとは監視者がいなくても囚人が監視を意識する監獄施設のこと。転じて20世紀にフランスの哲学者フーコーが、権力による社会の管理・統制システムの概念として用いた」と新聞にも書いていました。

 21日の記事がパノプティコンを適格に表現していました。大タイトルは「議論封じ沈黙の自民」というものでした。

 「みなさん、もっと発言して下さい」と天皇の退位をめぐる自民党の懇談会で、座長の高村正彦副総裁が促した。そこである議員が発言したところ、高村さんが「この場ではやらない。収拾がつかなくなる」と制した、というものです。「意見させぬ空気」という、見出しもありました。

 僕も同じような経験を嫌になるほどしています。「忌憚のないご意見をお願いします」ということを、会議の冒頭に司会者などが言います。「忌憚のない」というのは、「遠慮のない」という意味ですが、根が単細胞の僕は「じゃあー」という感じで意見を言うと、不愉快な顔をされ時には怒られ、「時間がありません」とまで言われます。

 そんなことなら「忌憚のない」じゃのいうことは言うな!、と叫びたくなります。川柳で、「意見言えというから発言したら、即左遷された」という意味のものがあったのを覚えています。

 新聞記事には、安倍晋三首相に「意に沿わないことが明らかな意見は封じる」という傾向が強く、特に若い議員は「先輩が黙っているから黙る」として、ダンマリを決め込んでいるとも書いていました。

 「安倍一強」の政権政党自民党ですから、みんなビビルのでしょうけども、「民主的」とされている僕が参加している平和団体ですら、最近の会議には「異論」を嫌うという傾向を強く感じるのです。

 会議の場で押し付けられるというのは、まだまだ我慢できるとしても、会議を離れた場でも「あいつはケシカラン」とまでされたら、もう会議に出席しないことにするか、黙っているか、という選択になります。

 僕の性格からすれば、会議に出席はするが黙っているというのは大ストレスです。それなら会議の構成員を辞めるということになるのでしょうけども、自分からそれをいうのは「癪に触る」ものです。

 小泉進次郎議員が「上が決めたことを何も考えずに受け入れる空気が漂っている。なし崩し的に物事が進むことに不感症になったら、党はぶっ壊れる」と新聞記事は書いていましたが、その通りだと思います。

 僕も新年度から町内会の副会長をやることになりました。優しく聞く態度を大切にして、後から不満が出てくるようにはしないように心掛けたいと思っています。

 パノプティコンという言葉を使ったフーコーさん、正しくミシェル・フーコーですが、彼はこの状況を「良くない」として1964年、57歳で亡くなりました。民主主義の危機をフーコーと共有しています。

政治家の本音

 村岡嗣政(むらおか つぐまさ)山口県知事、柳井港から祝島への定期船が新造船就航となったことで、そのお祝いということでこの新船に乗って4月17日に祝島を訪れるという報道されていました。

 しかし、17日は午後から荒天になるということで、この日の朝に中止と決めてしまいました。

 村岡知事は今回の祝島訪問について、「あくまでも新造船のお祝い目的」としつこく言って、予定地の視察を兼ねたものではない強調していたのです。

 しつこいばかりの言い方に、とても違和感を持っていました。山口県の何が有名かと訊ねられたら、湯田温泉でも秋芳洞でも、下関のフグもまあまあ有名でしょうけど、なんといっても「上関原発問題」であり、「米軍の岩国基地問題」でしょう。

 上関原発建設問題が公けに浮上したのは、1982年のことです。今回の村岡知事の祝島訪問が行われたら、1997年の二井関成知事以来20年ぶりとなるはずでした。この20年間、山口県知事が祝島を訪問したことがないというのは、まさに考えられないことです。

 たぶん知事選挙中には「県民の声を行政に反映させる」、というようなことを言ってたことでしょう。そして上関原発に反対する声が地元を中心に在ることは、当然知っていることです。その拠点である祝島へ行ったことがないというのは、知事失格と言っても間違いではないと思います。

 村岡知事は「上関のことは担当部署から聞いている」というようなことを言ってるようですが、それで済む問題ではないはずです。自分から率先して上関を訪ね、祝島の人からもじっくり話しを聞き、実状を知ることは行政人としては基礎の基礎ではないでしょうか。

 知事が「あー天気が悪くて良かった」と、天気の責任にしてホッとしている本音がミエミエで、無性に腹が立ちます。まあー相当なる「船酔い症」の人なら理解もしないではありませんが。そうならたくさん酔い止め薬を飲んで、いざという時のために、バケツでも持って行くというくらいの根性があって当然ではないでしょうか。

 上関原発を建てさせない祝島島民の会の清水敏保さんは、「予定地との距離を見てもらえば、私たちの気持ちも分かるのではないかと思っていた」と話していたと新聞は報じていました。

 政治家の本音といえば、森友学園問題で追い詰められていた安倍晋三首相が、北朝鮮のミサイル発射を受けて、まさに「待ってました。ありがとう」という感じで意気揚々と「北の脅威」を語っているのを見ていると、安倍晋三君の本音が見えるようです。こんなことを感じる僕がおかしいのでしょうかね?

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR