Entries

ブログ600号達成、「尺」を考える

 「省ちゃんの前向き語り」ブログ、今号で600号を達成しました。この日に合わせてくれていたように、ノーベル平和賞を核兵器廃絶国際キャンペーン「ICAN(アイキャン)」が受けることになり、本当に嬉しく思っています。

 このことをニュースで知って、核兵器禁止条約に反対した日本政府に対し「ざまをみろ」という言葉が出てきました。まさにノーベル委員会、世界の流れからの、日本政府への痛烈なるメッセージだと思っています。

 日本で「ICAN」の運動の橋渡しの役をしている川崎哲さん、そして広島、長崎の被爆者の人たちの気持ちは、嬉しさで一杯でしょうが、その一杯の気持ちが、日本政府への怒りになってしまいます。

  「尺(しゃく)」とか「尺度」とかいう言葉、メディア関係者の中で、テレビやラジオではニュース映像や原稿の長さ、新聞では記事の長さという意味で使いますが、僕はどんな基準、視点で対象物を視るかということで使っています。

 僕が定年まで勤めていた職場の友人と話しました。今の職場では、宿泊を伴う研修でホテルなどに宿泊する時、節約・経費節減のために、二人部屋に簡易ベットを持参させて3人以上で泊まらせているそうです。経費節減のためには「何でも」という尺でやっているのだそうです。

 研修成果のことを考えると、ゆっくりと学習ができる環境を与えるのが、会社としての「尺」ではないでしょうか。家族や友人らとで節約するための宿泊ではないのですから。

  「今だけ、金だけ、自分だけ」の風潮を表わした「3だけ主義」という言葉がありますが、この「尺」で今の在り方を考えれば、環境破壊も原発も弱肉強食も許せることかも知れません。それでは子孫に対する、私たち世代の責任は果たせません。

 選挙を直前にして、500年先のことを見据えた「尺」で、私たちの一票を投じなければ、「ヤバイ」状況になるのではと思っています。僕が「500年先」と話したら、友人が「2万4千年先」と言いました。2万4千年とは、プルトニウムの半減期です。

 ノーベル平和賞は、かつて佐藤栄作首相もオバマ大統領も授与したことで、その「尺」には疑問を持ったことがありますが、この度のICANは本当に正しい「尺」で判断したと思います。

 日本政府が核兵器禁止条約に反対したこと、この機会ですから選挙の大きな争点になるようにしたいと思っています。


今までナーナーにしていたこと

 希望の党、立憲民主党が結成されて、これまでナーナーにしていたことの判断を、国会議員・地方議員、候補者にも、決断というかどちらの踏み絵を踏むかが問題になりましたね。

 そして連合という労働組合もですが、民進党という党、早くこういう事態を向かえなければならなかったのに、そこをナーナーにしてきたことのツケがやっと来たというのではないでしょうか。

 革新政党というグループに区分けされ、ある意味では期待をしていた政党なのに、靖国神社を参拝するのもおれば、電力会社以上に原発推進を云うのもいるという、ペテン師のような政党でしたから。

 広島の地方議会などでは民進党という会派はないのですが、社会党的な人から、昔の民社党的な人までもが、「民主○○クラブ」とかの名前を付けた会派を結成しています。知り合いの議員に原発問題で議会質問をお願いすると、「私は原発反対だけど、会派でまとまらないことの質問できない」というように、逃げられていました。僕には「断る口実」にしているとしか思えないこともでもありました。

 こういうことにしたのは、連合だと思っています。前回の参議院選挙の全国比例でトップの得票を得たのは、東京電力の労組からの候補者、そして電機や自動車という原発推進の労組の幹部が並んでいます。

 連合の悪口を云う人、何もしないことの口実を、連合のセイ(理由)にするという悪しき「言い訳」がまかり通っていたと思います。しかし、選挙をやるとなればポスターも貼らなければならない、選挙カーにも乗る人が必要など、どうしても「安易」に調達することが出来るところに、頼っていたのではないでしょうか。

 労働組合の動員力に頼っている平和団体も、連合の原発推進に遠慮して、原発反対の主張を前面に出せない、出さない口実にしていたように思えるのです。

 今、立憲民主党に期待しています。期待というのは少々買いかぶりかも知れませんが、これでやっとこれまでナーナーで済ましていたことを、本気で考える時を迎えたのではないでしょうか。

 もっと言えば、1945年の戦争が終わった時から72年、やっと始まった民主政治のスタートと云えるかも知れません。そう思いたいものです。そのためには、幅広い心で動きを見ていきたいと思っています。まあー「立ちくらみ」のようなことは当然在りでしょうけど。

ラジオ体操の歌

 NHKでテレビ取材を受けたことがある人は、経験したことと思いますが、取材の前に「議員さんじゃあないですよね。そして、選挙に出馬する予定はありませんか?」と訊ねられます。

 ニュースなど報道番組だけでなく、僕は広島ローカルの「おこのみフォトクラブ」という、視聴者が撮った写真を載せるというコーナーに写真を出したことがあるのですが、放送する前に同じことを訊ねられました。

 選挙の公正というか、特定の議員や候補者へのエコヒイキにならないようにという配慮からだと思いますが、こういうことは3年くらい前には無かったと思います。

 何年も前から、朝6時30分からのラジオ体操をしています。このラジオ体操のテーマ曲、「新しい朝が来た。希望の朝だ!」で始まるこの曲は、もう何十年も前から歌われているものだと思います。

 この「希望の朝だ」の部分、最初に書いた尺度から視ると、どうしても引っかかるのです。この度、突如出来た「希望の党」の宣伝になるのではと。半分はジョークで書いているのですが、「おこのみフォトクラブ」での写真までチェックが入ったのですから、言いたくもなります。

 公示から投票日までは、「新しい朝が来た。・・の朝だ」にするとかして、その部分を無音にするとかボカシを入れるとか、何か違う言葉にするとか、そうですね「二日酔いの朝だ」とか。

 どこかの子どもが「新しい母が来た」として歌っていたのには、大笑いしたことがあります。

 僕は選挙中に、コンピューターが無作為に選びだした電話番号に電話をするという、世論調査のバイト経験が何度かあります。とても関心のある仕事ですから、二つ返事でOKしています。

 そこでいつも思うこと、それは永田町で政治を仕事としている者の感覚というか、ある意味で「狭い世界」で、「好きだ、嫌いだ」と言っている世界の人間と、世間の間では大きな隔たりがあるということです。

 本人が思うほど、あなたは有名人ではないということを知って欲しいのです。しかし有権者は、感覚で政治を知っています。東京都知事になって、「大改革」をやってくれると期待した小池さんが、1年少しで都知事を辞職して衆院選に電撃出馬をするかも?というニュース、こんなことになれば彼女は『史上最悪の都知事』と言えるでしょうね。

 「安保法制に改憲に、命を懸けて反対」と言っていた議員が、いとも簡単にそれも説明無しで、その反対の政党に鞍替えするという事態、なんともなんとも腹立たしいこと言葉もありません。

アベシンなら、今しか解散はない

 安倍晋三首相が臨時国会の冒頭で衆議院を解散し、総選挙をすることを決めましたね。僕がアベシンだっても、解散は今しかないと思うでしょう。

 森友・加計学園問題で支持率が下がった時は、考えていなかったでしょうが、金くんやトランプくんと、世間知らずで「(KYMK)空気読めない民進党幹部」のおかげで支持率も持ち返しました。

 どうせ来年の12月までにはやらねばならないことですし、臨時国会で「今年1月まで知らなかった」という加計学園問題などの大うそで大恥をかき、あげくに感情のコントロールが出来ない病気のために、怒鳴り声を挙げてしまうようになる前の今が一番でしょう。

 北朝鮮の核実験・ミサイル発射、その度にマスコミは臨時ニュースを繰り返して行い、朝のラジオ体操も中止になりました。特に、7~8月は全国各地で行われる巡回体操で生放送、各会場に集まった人たち、特に子どもらのことを思うといたたまれなく思いました。

 午前8時からの連続テレビ小説のファンである妻も、核実験とミサイル発射で2度も放送が無く、さすがに2度目の時は怒っておりました。

 核実験が行われミサイルが発射した時の安倍晋三が、意気揚々とした顔で「断固抗議する」など、けしからんと発言している姿を見て、これ金くんに前もって電話でもして、「ちょっと支持率が下がっているから、よろしく」とお願いしているのではと、普通は考えられないだろうということを思っていました。

 しかし、僕の周りの友人らもまったく同じことを云うので、「非国民」も多数派なんだと安心していました。

 この解散・総選挙、なんとしても野党が一緒になって、自公政権に戦って欲しいですね。特に、野党第一党である民進党には大きな決断をして欲しいものです。野党共闘でやらないと、来年6月の通常国会の後半は憲法改悪の発議でしょうね。「骨子は変えない」としているエネルギー基本政策も、原発新増設を容認するという方向に向かう恐れが十分にあります。

 この前の衆議院選挙が終わった後に、総得票では自民・公明の票数よりも野党の数の方が多かったという、無意味な泣き言をいろいろな場で聞かされました。二度と同じ言葉は聞きたくありません。

 こういうような選挙制度を誰が作ったんだ、問題があるのなら替えようとしなかったのか、何よりもそういう制度だということを熟知して選挙をしたんじゃあないのかと叫びたくなります。

 まあーアメリカ大統領選挙でも、トランプよりヒラリーの方が総得票では多かったと負け犬のように言ってますから、その点は何処も同じですね。

 国民にも有権者にも、特に18歳以上に引き下げられたのですから、みんなが本気になれる選挙戦になることを、心から願っています。

中村敦夫さん朗読劇「線量計が鳴る」

 久しぶりのブログとなりました。となったのは、9月10日に広島市で中村敦夫さんの朗読劇「線量計が鳴る」公演を行ったからです。前日の9日には福山市でも行い、その準備やらで、たいへん忙しくしていたのです。

 中村敦夫さんといえば「木枯らし紋次郎」で、大脚光を受けた俳優さんです。俳優だけでなく、テレビ番組の「中村敦夫の地球発22時」などのキャスターとして、参議院議員として、そして作家としても活躍している大尊敬の人です。

 その中村さん、子ども時代に疎開生活のため福島県いわき市で過ごしていたことから、福島原発震災への思いは強いものがあったのです。朗読劇の台本書きも出演もすべて中村さんが行われました。台本を書きあげるのに3年以上を費やされました。チェルノブイリにも行かれたのです。

 僕に第1版の台本が送られてきたのは、今年の正月でした。それからも何度も何度も書き変えられて、そうとうに検討を重ねられたようです。そこがキチンとした物を作りあげたい中村さんの素晴らしいところです。

 そのことをよく知っているので、会場選びから照明、背景に映しだす映像のチェックなど、僕も抜かりなくを相当に意識して準備しました。

 会場が満杯になるだろうか、音は割れるようなことにはならないだろうか、照明は旨くなるだろうか。

 往々にして、僕ら「活動家」といわれる者は「やれば良い」という素質が大きいようですが、なにしろ俳優さんですから、準備にはそうとうに気を使いました。

 朝日新聞広島版に写真付きの記事が載り、びっくりするほどの申込み電話が掛かってきました。まさに「AKB48」の申込みのような感じでした。RCCラジオにも電話出演されたら、またまた電話が掛かりました。

 この公演を終えて思うこと、それは「世の中捨てたもんじゃあない」ということを身体で実感することができました。原発に反対する人、フクシマに思いを馳せている人は、たくさんおられるということの実感です。

 参加した人にアンケートをお願いしましたが、その熱い思いをガンガンと感じ取ることができました。今度、そのアンケートに書かれたものも紹介したいと思います。

 公演が終わり、中村さんと広島駅に向かう車の中で「広島市公演が一番良かった」と言われ、僕も大満足でした。「良い」というのは舞台の大きさとか照明とか音声とかのことですが。

 中村さんは、今年中に24か所でこの朗読劇をやる予定が入っているそうです。100回を目指すとも言われました。すごい気持ちをエネルギーです。
 僕も、負けるわけにはいきません。

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

省ちゃん

Author:省ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック