Entries

仁さんに伝えたいこと

 「仁さん」というのは、高木仁三郎さんのことです。僕の原発反対運動に、大きな影響を与えた大恩人です。今から18年前の2000年に62歳という若さで亡くなりました。

 仁さんが東京都立大学を辞めて、最初に原発問題を扱った組織が「プルトニウム研究会」で、1974年のことでした。仁さんの著書はたくさんありますが最初の頃に書いたのが「プルトニウムの恐怖」だったと記憶しています。手元にありますが、本の紙が日焼けした状態になっています。東京で世界プルトニウム会議の開催を企画し実行したのも仁さんでした。仁さんは相当にプルトニウムにこだわっていました。原発に賛成でも仕方無いが、プルトニウムの所有には反対して欲しいとも語っていました。

 その仁さんに伝えたいこと、それは日本がやっとという感じでプルトニウムを削減する方向に舵を切ろうとしていることです。

 来週の水曜日、6月27日に開催される中国電力の株主総会で私たちは株主提案議案を提出していますが、その中の「再処理を行わない」という議案の補足説明を行うことになっているのですが、こんな文のものを書いて準備しているのです。ブログが更新できない言い訳として目を通していただければ幸いです。前置き部分は省略しました。

 今や、原発の使用済み核燃料から作りだされるプルトニウムは、使い道の無い、やっかい物であるということがますます明確になりました。アメリカからの減らしなさいという要求を受けて、わが国の政府もやっとという感じで、プルトニウムを減らすということにするようです。

 核燃料サイクルは、回らないサイクルであることは最初から分かっていたことでした。高速増殖炉「もんじゅ」は、20年あまりの間にほとんど稼働しないまま廃炉になりました。この開発には1兆1千億円を超えるお金がつぎ込まれたとされています。めざした成果は「高速増殖炉はやらない方がよい」ということだけだったのではないでしょうか。

 また6月13日には、茨城県東海村にある再処理施設の廃止措置が原子力規制委員会から認可されました。作業終了までには約70年がかかり、私たち国民のお金約1兆円が投入される見込みだといわれています。

 青森県の六ヶ所村再処理工場の完成目標は、実に24回も変更され、すでに24年も遅れているのです。昨年12月日本原燃は2018年度上半期の完成目標を3年延期すると発表しました。これまでの総事業費は13兆9千億円にまで膨れあがり、まさに天井知らずの状況ではないですか。まともな民間企業ならとっくに止めていることではないですか。

 そして今になって、原子力委員会からプルトニウムの使い道が見通せないから、再処理政策を見直すという方針が示されようとしています。プルトニウムは使い道のないやっかい物だということを、もっとも知っているはずの中国電力が、国にそのことを言えなかったということが、哀れというか許せないのです。

 プルトニウムの残された使い道は、原子爆弾しかありません。日本が保有しているプルトニウムは約4万7千キログラムです。これは原子爆弾を約6千発分とされています。

 そのために国に対しても「再処理事業は行わないように」と、ものいう中国電力になっていただくために、この議案を提出しました。多くの株主の皆さんの賛同をいただきたく思います。
スポンサーサイト

ブログが書けなかった訳

 「省ちゃんの前向き語り」、たいへんご無沙汰していました。書きたいこと書かねばならないことたくさんあったのですが、なにかと多忙を極めていました。

 時間が取れないのではないのですが、スケジュールが頭にあると、それが終わるまではゆっくりした感じにならないのです。もっとも時間を割いたのは、中国電力の株主総会への質問書の作成でした。余りにも多くの問題を抱えている中国電力ですから、あれもこれもと考えればいくらでも質問事項が出てくるので、最後は「エイーヤー」と線を引き、先週の金曜日に郵送しました。

 「質問書が届いたら連絡をお願いします」と言っていたので、一昨日の朝、電話がありました。「今、見させていただいています。いろいろと書かれましたね」と言われました。

 改めて中国電力を見ていると、エネルギー基本計画の中での議論の、全てを抱えているのがこの会社です。

 原発新設が大きな議論になっていますが、国内で唯一の新設原発問題が山口県の上関原発です。再稼働問題では、島根原発2号機が2013年に原子力規制委員会に「再稼働申請」を行っています。そして建設中の中にある島根原発3号機が、運転開始に向けての手続きをするための、事前了解の手続きを開始しました。あくまでも立地自治体だけです。30㌔圏内にある周辺自治体から、立地自治体と同じの安全協定を求める意見が中国電力に寄せられていますが、「丁寧に説明する」とは言ってますが、事前了解は立地自治体だけです。

 新潟県知事選挙で自公が押した候補が当選しましたが、柏崎刈羽原発の再稼働はそう簡単ではありません。最低でも1期目の任期である4年間は、無いようです。福島第一原発の形と同じ沸騰水型(BWR)の原発では、島根原発2号機が再稼働のトップになるのではということが、とても懸念されるのです。

 そんなこんなで、ブログに集中できない状態にありました。僕は至って元気です。ということで少しご無沙汰していました。


碑めぐり案内

 GWが終わり、今週になって平和公園を訪れる小中学校生が増えてきました。今の平和公園や原爆資料館は、外国人と小中学校生だらけという感じです。

 昨日、今年初めての平和公園の碑めぐり案内のガイド役を行いました。雨がほんの少し降っているという感じではありましたが、案内をしている時には傘を差さないで、やることができました。

 昨日の学校は岡山県内の中学校で、修学旅行にしては広島市は近すぎるなあーと思いましたが、日帰りの平和学習としてやってきたということでした。貸切りバスでやって来て、原爆資料館を見学、被爆者から被爆体験を聴き、その後、僕たちの案内で平和公園内の碑めぐりという日程です。

 碑めぐり案内の時間は1時間10分、8班に分かれて案内しました。僕のグループは16人、終わりは「原爆の子の像」の前に全員が集合して集会を、やっていました。この集会は本当に感激し、少し涙ぐみました。

 ふざけた感じの生徒もいますが、みんな真面目で熱心で、質問もありました。こういう言い方は良くないのかも知れませんが、本当に可愛いですね。僕にもあんな時代があったのですがね。

 小学3年生の孫がいるので、孫もあと少しでこんな感じになるのだろうかとか、そんなことを思いながら案内をしました。

 広島の小中学校も遠足などで、平和公園には来ているようだとは聞いていますが、広島市内の学校の生徒たちなら、平和公園は近すぎて、新鮮さを感じないかもしれませんね。

 ちょっと足を延ばして、毒ガス島といわれた大久野島とか、近いところでは戦争中に防疫所があり、多くの被爆者が火葬された似島へ行くのも良いのではないでしょうかね。

 今月末にも、今度は岐阜県の中学生への案内の予定も入っています。僕のような年齢になると、中学生らと話すことが少なくなるので、碑めぐりは楽しいことです。

 終わってから帰宅した頃に、強い雨が降り出しました。予定されていたマツダスタジアムでの広島カープの野球も中止になりましたが、碑めぐりの時は傘無しでやれたのは、ラッキーの限りでした。

 生徒達がやがて年齢を重ねた時、あー中学校の時に平和公園に行ったなー、資料館を見学して碑めぐりの時はおじさんが、説明してくれたなあーと思い出してくれるかなと感じました。

 その時には、彼らは何歳になっているのでしょうか。そして誰といっしょに来るのでしょうか。恋人と家族で、そしてその頃、僕はどうしているのだろうか??

原子力帝国

 今月末に、ロベルト・ユンクの研究をしている方と食事をすることになっているので、改めてユンクの書いた「原子力帝国」という本を読みました。ユンクのことを知っていない方もおられるでしょうから、簡単に紹介しますが1913年にベルリンに生まれ、ジャーナリストであり活動家でもあった人で、94年に81歳で亡くなりました。日本にも何度も来ています。

  「原子力帝国」は、1979年9月に日本語訳されたものが出版されています。39年も前の本ですが、改めて読んでみて、ユンクが指摘したことが「当たっている」とつくづくと思わせます。

 一言でこの本は、原子力社会は人間の「監視と管理」が強硬な社会になるという内容です。それは「原子力ムラ」の中にいる人にも及び、相互に監視と管理が行われるということも書いています。

 本の中で、原子力帝国を守るために次のような物が導入されると具体的な名前を示しています。言っておきますが1976年のことです。

 「レーザー光線による身分証明書確認」「分離回路による屋外照明」「長い感熱器を持った赤外線報知器」「自動カメラによる訪問者監視」「新型施錠組織スフィンクス2号」「キング・ピン・ロック盗難防止装置」「建造物明け渡し計画の基礎となる見取り図」「ポリカーボン防弾板」「化学棍棒-企業防衛のための自衛道具か?」「新規同定・把握システム」「無線乗客保安施設」「より広い監視領域をもった赤外線探知機」「高度の妨害防止力をもった磁力接触器」「原子力発電所は地下へ」「完全な聴取のできる小型盗聴器」などなどを、予測しています。

 これらの装置が、「安全のため」という大義名分のために、莫大な費用がつぎ込まれているのです。よくあるのは、なんといっても「防犯」と言い大義のための監視カメラでしょうね。

 実際の経験から書いてみたいと思います。何年か前に、中国電力の本店の建物に「原発反対」という落書きがされていたことがありました。何故か僕に連絡があったのですが、監視カメラを調べたら社員だったようです。

 マンションにしても会社にしても、二重三重のセキュリティを通らないと入れない。2020年の東京オリンピックが決まった翌週のALSOK株は、急上昇しました。ALSOKは警備を担う大会社です。大手の電器販売店やスーパーなどでの見られる、万引き防止のセキュリティ装置、メールで関係する名前を検索のところに書きこむと、瞬時に表示される該当するメール、まだまだたくさんあることは、みんな知っていますよね。

 映画にもなりましたが、「スノーデン」で明らかにされたアメリカ国家安全保障局(NSA)による個人情報収集の手口も有名になりました。スノーデンはアメリカの司法当局から逮捕状が出ているので、今はロシアのどこかに滞在しているそうです。

 手口を暴露したスノーデンの行為は犯罪といえば犯罪でしょうけど、暴露することによる社会的利益とリスクを考えれば、故国に帰れないというほどのことでしょうか。

 繰り返しになりますが「安全」という大義のために、監視と管理が極端に横行することは、本当に怖いと思うのですが。

 

電力の使用量が一番少ない時

 電力の使用量が1年中で一番少ない時を、何年か前までは1月2日の朝方というようにいってました。正月二日目で、この日の朝は多くの人たちが眠っている時間だということからのようです。

 それが最近は、このGW中の期間に変更されています。正月は冬で寒いということで、特に最近の暖房はエアコンを使う家が多くて、極端に落ちないという状況からです。

 5月のこの時期、暖房も冷房も使わないで快適に過ごせるということ、そしてなんといっても多くの企業が休んでいるからだと考えられます。広島でもマツダも三菱も9連休と聞いています。

 ちなみに今年の1月2日朝方の中国電力の使用電力量は、約580万kwです。今朝5月5日の8時台の使用実績は460万kwと報告されています。120万kwほど、正月2日の朝より少ないのですね。参考までに今年の最高値は、1月25日(木曜日)午前10時の1103万kwでした。

 この4月25日に、中国電力は2017年度の電灯電力需要実績というのを発表していますが、販売電力量は前年度より3.2%減少しました。

 家庭で使用する電灯量は2.1%ほど増加しています。この冬がとても寒かったからでしょうね。その他は家庭用などの電力、業務用、産業用は全て減少しています。特に大口は6%も減っているのです。

 販売した電力量は約554億㌔㍗時ですが、その内の家庭用などは約206億㌔㍗時ですから、約3分の1です。しかし料金は家庭用が最も高いのです。この傾向は中国電力だけではなく、全国の電力会社に視られる傾向です。

 東北電力では、毎月公表している月ごとの需給実績について「競争の進展により、電力需要と地域経済の関連性が薄まっている点を踏まえ、今後、月ごとの需給実績を公表しない」と意味不明な理由によって、今後は公表しないことにしたそうです。

 電力使用量が減っていることを、言いたくないのでしょうね。原発の必要性がますます無くなるからでしょう。

 昨日、わが家の2台の灯油ヒーターを掃除してしまいました。代わりに扇風機を出しておこうかなとも思いましたが、まだ早すぎるようです。

 本当に爽やかですね。これから近くを徘徊してきます。

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

省ちゃん

Author:省ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック