Entries

カタルシス(自己陶酔)

 ノンフィクション作家の保阪正康さんの著書、「日本を変えた昭和史七大事件」と「昭和史の教訓」の2冊を立て続けに読んで、だいぶ落ち込んでいます。

 日本が太平洋戦争を行った理由が、どうしても理解できないのです。もっとたどれば昭和12年7月に始まった盧溝橋事件からの日中戦争からアメリカ、イギリスを相手に行った戦争、なんのための戦争だったのでしょうか。

 この間の歴史を改めてここで書くのは、時間とスペースの無駄になるでしょうから省略しますが、「戦争をしたいために、戦争を続けている」「引き際、和解などまったく考えずにいる」そして「誰も自らは責任を取ろうとしない」、それも少数の「ヤレヤレ派」の者どもが、まさにカタルシス(自己陶酔)状態で続けているという感じなのです。

 「きけ わだつみのこえ」に載っている松原成信の書簡というのがあります。松原さんは同志社大学に在学中に学徒として徴兵され、昭和20年8月1日に北京で戦病死しています。その松原さんが友人にあてた書簡の一節です。

 生あらばいつの日か、長い長い夜であった、星の見にくい夜ばかりであった、と言い交わしうる日もあろうか……、松原さんの無念さやるせなさが伝わってきて、本気で涙が出てきました。

 戦争にしてもケンカにしても、どうやって落とし前をつけて仲よくなるか、和解するかということを考えるべきではないでしょうか。そこを考えないで、「イケイケ、ドンドン」では、たくさんの犠牲と益々の泥沼に入り込むことになるのではないでしょうか。

 犠牲というのは単に命が失われるというだけでなく、松原さんが書いているように、「長い長い夜を、星の見にくい夜ばかり」を大切な青春時代に送らねばならないこともです。

 この度の戦争は、東芝の大破綻にも共通しているのではないでしょうか。東芝にも何度も、引けぎわがあったと思います。2001年9月11日の「9・11同時多発テロ事件」が発生した時、僕は原子力発電所が襲撃されることになれば大変な事態になる、それに耐える原発は作れないということをいろいろな場で話していました。アメリカの原発「安全基準」もこの時から、一段と厳しくなったのです。それでも東芝は「9・11」など無かったかのように、突き進みました。あそこで引いていたら、この度の事態は無かったでしょう。

 北朝鮮の核実験やミサイル発射は嫌な事件ですが、安倍晋三首相思いきって金正恩さんに連絡して「会いたい」と言えば、いくらなんでもで「会わない」とは言わないでしょう。それが平和への一番大切な一歩だと思うのですが。

 北朝鮮のこと、シリアのこと、それらが起こるたびに、日本がそれらを口実にして間違った方へ向かっているように思えてならないのですが。

森友学園

 来週の土曜日に大阪へ行く用事があるので、森友学園に行ってみようと思っています。インターネットで行き方を検索しておりました。

 国有地売却問題や、安倍晋三首相の妻の昭恵さんの関与のことが大きく問題にされていますが、僕がびっくりしたのは関係幼稚園の運動会で「安倍晋三首相おめでとうございます」とか「安全保障法制が成立してよかったですね」という言葉を子どもたちに唱和させている姿を映像で観たことでした。

 もちろん売却問題も昭恵さんの関わりも重要なことではありますが、いくら私立だとはいえ、運動会での唱和はびっくりでした。公立学校は「日の丸・君が代」問題で教師や子どもたちを締め付けていますし、まさに怒りとこれからの不安が交錯しています。

 そして森友学園の工事現場前で、籠池理事長がたぶん取材の記者らに対して説明をしている時、後側から「籠池理事長頑張れ!」というような声が複数で聞こえたことにもため息が出てしまいました。たぶん籠池理事長の支援者と思われる女性の声だったと思います。

 ちょっと話がそれますが、石原慎太郎元東京都知事が記者会見をし終わった時に、会見場から拍手が起こったことです。皆さん気が付きましたか、会見場ですから集まったのは報道陣だけだと思いますが、これも複数の人と思われる拍手で森友学園並みの衝撃でした。

 昭恵さんといえば、上関町祝島へ行かれたことです。2回以上は行ってますが、一度は飯田哲也さんと一緒でした。飯田さんといえば、山口県知事選挙にも出馬され、敗れたもののこれまでの山口県知事選挙では珍しいほどの票を獲得した人です。現在NPO法人環境エネルギー政策研究所所長として世界中を駆け回っています。

 先日飯田さんと話すことがあり、昭恵さんと祝島へ行った時のことを聞きました。原発反対の飯田さんと昭恵さんが祝島へ行くことを不愉快に思った自民党員や地元の原発推進派の人たちが、通常乗船する上関町室津(むろつ)港に集まっていたという話しです。

 彼らは昭恵さんを「阻止・説得・監視」しようとしていたので、昭恵さんらは室津からの乗船は無理だと判断して、上関町長島の突端にある四代(しだい)港まで自動車を飛ばし、そこから乗船したということです。

 昭恵さんが「私人だ公人だ」という議論もされていますが、私人だと思っているのなら「阻止・説得・監視」はしなかったでしょうね。僕は祝島へ行った昭恵さんは嫌いではありませんでしたし、首相の妻でありながら自由奔放に生きる昭恵さんのファンでもありました。安倍晋三家の関係は知るところではありませんが、首相の意向をくんで寄付金を渡したのかどうかも分かりませんね。

 昨日の「首相の動静」、夜は銀座の料亭で今井敬経団連名誉会長と会食をした後に、久しぶりに私邸に帰っています。今井敬さんは現首相秘書官の今井尚哉さんのおじさん、当然秘書官も同席でしょうし、今井家と昭恵さんとは遠い親戚関係にもあるのです。さーどういう対策を考えて、帰宅したのでしょうかね。ここまで書くと、まさに週刊誌の記事ですね。

大人(たいじん)はいないのか?

 “「うるさい」で開園断念 大人がいなくて残念―園児”というのが、毎日新聞の「ふんすい塔」という小さなコーナーの中に在りました。とても興味深いものだったので切り取っていました。

 本当に最近、「大人がいなくなった」ということを感じます。この年齢になっても、僕自身がまだ大人に成りきっていないと思うので、大人とはということを考えていました。

 もう一つこれは新聞投書欄で、29歳の会社員女性のものでした。タイトルは「あいさつ禁止のマンション?」というもので、マンションの住民総会で小学生の親御さんから「知らない人にあいさつされたら逃げるように教えているので、マンション内ではあいさつをしないように決めてください」と申し出があり、あいさつ禁止が決定してしまったという内容でした。

 投稿した女性は最後に、家族や親せきをはじめ、友だちや周りの人たちとのコミュニティーなどの関わりやふれあいを通じて、色々経験し、感じながら心豊かな人間に成長していくのだと思う。と書いていました。

 新聞のことばかりで申しわけありませんが、昨日の朝日新聞の「論壇時評」という記事に、歴史社会学者の小熊英二さんが「他者を思う大人(たいじん)はどこに」題して文を載せていました。

 その後半の部分に次のように書いていました。
 「大人(たいじん)」とは、社会の責任を負い、他者を助けるだけの余裕がある人のことだ。それに対し「小人(しょうじん)」は、自分のことで精一杯の人を指す。そして「大人」であるか否かは、資産や才覚の有無だけでは決まらない。巨万の富があるのに他者も社会も顧みない「小人」はいる。だが「子どもの貧困」の前では、誰もが「大人」の役割を引き受けざるを得ない。そして、他者と社会を直視する余裕を、ひねりだす努力をするようになる。

 そして最後には、人が他者を思い、結びつくこと。そこからしか、政治と民主主義の再生も始まらないで、結んでいました。

 「大人」はどこに行ったのか、「貧すれば鈍する」という言葉が在りますが、この「貧」というのには単に経済的に困っているだけではなく、心の中にある「貧」も在るのでしょうか。寛容さ、心の広さが持てなくなっているという状況も在るのではとずっと考えていました。

 そして100年先、200年先を見据えて、今を生きる者としての役割りを考えなければならないのではと、思ったりもしています。

 2020年のオリンピックを成功させるためにという口実で「共謀罪」が必要だという安倍晋三首相、こんな理由を堂々という品位の無さを思います。戦争に勝つためには、市民の基本的な権利をも侵して良いというようにしか思えないのです。こんな刑罰まで作ってしか、オリンピックが成功しないというのなら、いっそオリンピックは中止しろという議論が起こってもと思っています。

黒い巨塔

 友人が日本経済新聞の本の広告欄の切り抜きを見せて「この本読んだら、信用できるものが無くなった」と話しました。それは「黒い巨塔」というタイトルの小説でした。

 山崎豊子さんが1965年に書いた「白い巨塔」という小説は、大学の医学界の腐敗を追及したもので映画では観ていましたが、この「黒い巨塔」は最高裁判所の内幕を書いたものです。

 著者は瀬木比呂志さんという方で、本の帯には「いま初めて暴かれる最高裁の闇! 第二回城山三郎賞受賞作家にして最高裁中枢を知る元エリート裁判官が描く本格的権力小説!」とあります。発行日は昨年10月27日ですから、まだまだホカホカの作品です。

 さっそく購入して読み始めました。だいたい本というのは特に終盤になると、早く読み終えたいという気持ちになるのですが、この作品は終盤になってから特に「気になるけど、しかしすぐに知りたくない」という気持ちが強くなりました。

 改めて最高裁が時の政府の意向に反発しない・出来ない、権力機関だということを実感させられました。本の内容を少し知っていただくために、帯の反対側に書いてある部分を、少し長いのですが紹介したいと思います。

 「原発は止めん。それがわしの意思だ!!」最高裁に君臨する歴代最高の権力者にして「超」エリートの須田謙造最高裁長官。司法権力躍進のために手段を選ばぬ須田は、頻発する原発訴訟で電力会社に有利な判決を出すよう、事務総局を通じて裁判官たちを強引にあやつる。徹底的な信賞必罰による人事統制に恐れをなす司法エリートたちは、誰一人須田にさからえない。ソ連の強制収容所を彷彿とさせる思想統制に違和感を覚える民事局付の笹原駿は、図らずも須田と対峙する道を選ぶ。最高裁中枢を知る元エリート裁判官が描く、あまりにもリアルな、司法荒廃と崩壊の黙示録! とあります。

 この小説の舞台になっている時は、「3・11」より以前になっています。だけど猛烈に「3・11」を意識して書いています。

 裁判官の独立という憲法の規定は、「すべての裁判官は、その良心に従い独立してその職権を行い、この憲法及び法律にのみ拘束される」というものです。

 とはいえ裁判をやる裁判官も人の子、出世志向の強い人は時の権力に反するような判決は書けないのでしょう。国の意向を踏んで原発反対の判決を出すなという長官の意向を踏んでいる局長レベルの人間に対して、これに挑戦する主人公が会議の中で正々堂々と自論を展開し議論する場面は、まさに圧巻で僕の身体も凍りました。

 弁護士をやっている友人が、「最終的に裁判で原発を止めようというのは今の制度では無理だよねえー」と話していました。それはそうだとしても、否、そうだからこそ、地裁などの下級審で再稼働を止めさせた裁判官に対し本当に頭が下がります。是非ともお薦めの小説作品だと思いました。

 明日から3日間、青森県六ヶ所村に行ってきます。なんと明日から相当寒くなるようですね。寒さの中の六ヶ所村も興味深いです。


トランプ衝撃から4日

 トランプがアメリカ大統領に当選したという衝撃が、世界中に流れたのは日本時間の11月9日ですから、まだたったの4日だというのに、すごく時間が経ったように思えてなりません。

 ある評論家は、「9・11」の同時多発テロでアメリカ人に衝撃を与え、9・11の逆の「11・9」で再び衝撃を与えたと話していました。興味深い数字合わせだと思いますが、日本では「3・11」という衝撃の日が在りますね。

 9日の株式市場は大暴落したと思えば10日は急上昇、その後は落ち着いた状況になっているようです。トランプはなぜ当選したのか、アメリカ社会に在る歪んだ部分に関する報道は、新聞などで大きく行われています。

 思うのですが、民主党の候補者がサンダーズだったら、トランプは当選しなかったのではないだろうか、ここ数日間ずっと思っていました。暮らしに対する不満など、この問題を解決してくれるための処方には、トランプのような荒療法でやってくれるかも分からない?という選択と、サンダーズのような民主的な方法をあくまでも選択しようとする人では、どちらを選ぶかということになると、やはりサンダーズだと思うのですが。

 事実、日本に住んでいるアメリカ人は、民主党の候補者は圧倒的にサンダーズだったということです。クリントンはどうしても本気で庶民に目をやる政治が出来るかということに、疑問を感じていました。

 トランプが現実に大統領になった時にどんな政策を出すかということが、大きな関心になっていますが、僕が一番心配なのは、地球温暖化防止のための「パリ協定」の参加を撤回するのではないかということです。

 京都議定書の時には加わらなかったアメリカが、オバマによって「パリ協定」については早々に批准し、世界の先頭に立っている状況です。一人あたりの二酸化炭素排出量では世界一のアメリカですから、どうしてもリーダーシップを取って欲しいのです。

 トランプの日本に対する防衛負担を撤回する発言や、核兵器保有を容認するという発言が出てくると、これに悪乗りしたように政治家たちが軍事力の増強を訴え、核兵器が日本でも持てるという勢力が、まさに「悪乗り」して本音をむき出しにするという事態は許せません。

 トランプの出現は、真に日本の在り方を考えさせ、どんな国を目指すのかということを考える大きなキッカケにしなければと思っています。アメリカの方ばかり向いていたこの国の姿を、アジア重視、日本の在り方がアジアの人たちに脅威を与えないという、選択だと思います。これを本気で考えないと、軍事大国に、民主主義の無い国になる心配です。

 「アメリカに頼らない真に独立を」と言うと、戦争好き勢力を喜ばすような言葉になりますが、そうではない選択です。アメリカの一つの州のような日本だと馬鹿にされない、教養・気骨・繊細さを持ったこの国の出発点にしなければと思います。

 4年後はトランプでないかも分かりません。しかしトランプ以上の排外主義者になる可能性も在りだと思います。フィリピンの大統領にしても、プーチンにしても、わが日本のアベシンにしても、いつでもトランプ以上になる可能性は十分にあると思っています。

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

省ちゃん

Author:省ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック