Entries

上関原発計画が浮上して35年の年の瀬

 中国電力による上関原発の建設計画が公けになったのは、1982年(昭和57年)のことです。あれから35年の年の瀬がやってきました。

 一つの計画を起こし、建てたい側の中国電力が頑張ってきた???にも拘わらず、35年経っても実現しないという結果として建っていないという現実。常識的には諦めるのがマトモナ判断だろうと思いますし、それをせずにダラダラと引き延ばすというやり方、怒りを通り越して何とも嘆かわしいことだと思うのです。

 僕の住んでいる近くにも、中国電力で働いている人、OBの人が居られますが、誰もが「上関原発は要りませんよ。建てることはありませんよ」と話されます。別に僕の考えに同調してあげようという意味もなく、僕の方から訊ねるわけでもありません。「上関原発は建てるべきです」という方は一人としておられないのです。

 上関原発との繋がりのキッカケは、計画が起こった年に上関町祝島出身で島根県の松江市に住んでいた、山戸貞夫さん夫妻からの「ふる里の上関町に原発建設計画が起っている。反対運動のために印刷機を送るために協力してくれないだろうか」という手紙が届いたことからであす。

 当時、松江市の隣り町の鹿島町に島根原発1号機が建設されており、2号機の建設計画が進んでいた頃で、その反対運動の関係で山戸さんらと知り合いになっていました。

 その山戸さん夫妻が祝島へ戻って反対運動のリーダーとして活躍し、町会議員の山戸貞夫さんは、来年の2月の町会議員選挙に出馬せずに引退するということです。山口県内のニュースでは、山戸貞夫議員引退を映像付きで大きく報じていた。

 12月議会で山戸さんが準備していた質問は、祝島から本土側へ向かう定期船、海が荒れたために欠航になり行くことができず、質問が出来なっかったそうです。
 
 山戸さんは僕より1歳年下です。その彼が議員を引退するというのは、その歴史の長さを思わざるを得ないのです。

 35年前、僕は33歳でした。改めて35年を振り返り、「建てる必要のない」と、僕が聞く範囲ではほとんどの中国電力関係者でもいわれる物が、今でも計画から外されないことに、何ともいえない悲しい気持ちになります。

 今すぐ、上関原発建設計画が中止になっても、これまでの町民の中にある分断はおいそれと無くなる分けではないでしょう。

 「上関原発は建てる必要はありませんし」と評論家のように話される人にも、何ともいえない不愉快さを感じるのです。

  中国電力の「上関原発計画白紙撤回」という決断を強く望みます。その背中を押すのは、村岡嗣政山口県知事です。


伊方3号が差し止められた

 13日の広島高裁で伊方3号の差し止め決定が出された時、その場で皆さんと喜び合うことが出来ました。

 その瞬間、思い出したので1978年4月、松山地裁の日本で最初の原発訴訟といわれる伊方原発1号の原子炉設置許可の取消しを求める裁判の、判決の日のことでした。前日に松山に行き、森滝市郎さんら広島から参加した人たちと同じ宿で話したことです。まだ僕も29歳の青年でした。

 判決の当日は、暖かい陽の射す良い天気でした。裁判は負けでしたが、原告団長の広野房一さんが「辛酸入佳境(しんさんかきょうにいる)」と白い布に手書きの墨で書いたものを持って、法廷から出てこられたことでした。

 この「辛酸入佳境(しんさんかきょうにいる)」とは、足尾鉱毒事件を告発した田中正造が好んだ言葉で、辛酸を舐めつくし、堪え忍んだ者のみが味わうことのできる素晴らしい境地があるという意味です。僕は当時、この言葉の意味を知りませんでした。

 それから広野さんとも、森滝さんとも親しくなりました。その広野さんは2005年7月に92歳で、森滝さんは1994年1月に広野さんと同じ92歳で亡くなられました。

 広島高裁での決定の時、この二人の顔が浮かびました。松山での決定から39年、この時の流れは僕の反原発運動の歴史でもあります。良い先輩に恵まれたと思います。

 この度の広島高裁の決定ですが、これは上関原発の建設にも大きな影響を与えるものと考えています。高裁は阿蘇山の火砕流が160キロまで被害をもたらしたことを挙げています。阿蘇山から伊方原発まで約130キロです。上関原発の建設計画地も、130キロよりは長いけど、ほぼ同じです。

 上関原発の建設には火山についての影響は、あまり考えていないように思います。原子力規制委員会の火山に対する対策が強まることが決まっています。この度の決定は、上関原発の建設反対にも大いに利用できると思っています。

柏崎刈羽の「適合」決定

 子どもの頃、「ゴメンで済むのなら、警察いらん」というようなことを言ってたように思います。これと同じことを、柏崎刈羽への原子力規制委員会の「適合」で思いました。

 「福島第一の廃炉に主体的に取り組みます」
 「経済性よりも安全性追求を優先します」
 という言葉、当然大切なことでしょうけど、子どもが怒られた時に「もうしません!」と言って、許しを請うのと同じではないでしょうか。なんの裏付けもなく、まあー親としては「落とし前」をつけるために、対・子どもではこれで許せるのでしょうけど、原発事故に、それはないでしょう。

 原子力規制委員会としても、気持ちの問題として「決意」を聞いて、どうにか許してあげようとなったのでしょう。9月22日で退任した田中俊一・前委員長としては、まさに浪花節の世界ですね。

 地震・津波で福島原発事故は起こったとされていますが、まだきちんと事故原因の解明もされていません。解明もされないままでは、対策は立たないでしょう。それでも安倍首相は規制基準を「世界でもっとも厳しい」と、これまた臭い「浪花節」です。

 廃炉にしても除染にしても、なにもかにもの「終わり」の見通しが立たない中で、もうここらで「リセット」とでも考えたのでしょうかね。

 東京電力の「福島の責任を全うすることのために、まずお金をきちんと稼いでいく、福島での責任を全うするためにも柏崎刈羽原発を再稼働したい」という屁理屈は通らないのではないでしょうか。

 しかし米山隆一新潟県知事の姿勢では、今すぐに再稼働はないと思いますが、3年後には知事選挙が待っています。再稼働派は、それを狙っているのでしょうか。

 僕は結果として再稼働になるという問題よりも、これを機会に福島原発事故と同型の沸騰水型(BWR)原発の、再稼働への道を付けたと思うのです。柏崎刈羽の「適合」を決めた10月4日に、上京していた中国電力の清水希茂社長は早速「島根3号も、できるだけ速やかに適合性審査の申請をしたい」と話していました。

 島根原発南側にある宍道断層の長さを、39キロメートルにすることを中国電力も原子力規制委員会も了承し、そうなれば「基準地震動」が固まり、それへの対策も見通しがつくということを思っての言い分でしょう。しかし、これは世論を無視してのやり方です。

 今、電力需要は16年前のピーク時の80%未満で推移しています。原発は不要の時代となっています。そして今でも全国で5万人以上の人たちが、避難生活をしているという現実、柏崎刈羽のある新潟県全体でも、今年8月末現在で2837人の避難者がおられるそうです。

中村敦夫さん朗読劇「線量計が鳴る」

 久しぶりのブログとなりました。となったのは、9月10日に広島市で中村敦夫さんの朗読劇「線量計が鳴る」公演を行ったからです。前日の9日には福山市でも行い、その準備やらで、たいへん忙しくしていたのです。

 中村敦夫さんといえば「木枯らし紋次郎」で、大脚光を受けた俳優さんです。俳優だけでなく、テレビ番組の「中村敦夫の地球発22時」などのキャスターとして、参議院議員として、そして作家としても活躍している大尊敬の人です。

 その中村さん、子ども時代に疎開生活のため福島県いわき市で過ごしていたことから、福島原発震災への思いは強いものがあったのです。朗読劇の台本書きも出演もすべて中村さんが行われました。台本を書きあげるのに3年以上を費やされました。チェルノブイリにも行かれたのです。

 僕に第1版の台本が送られてきたのは、今年の正月でした。それからも何度も何度も書き変えられて、そうとうに検討を重ねられたようです。そこがキチンとした物を作りあげたい中村さんの素晴らしいところです。

 そのことをよく知っているので、会場選びから照明、背景に映しだす映像のチェックなど、僕も抜かりなくを相当に意識して準備しました。

 会場が満杯になるだろうか、音は割れるようなことにはならないだろうか、照明は旨くなるだろうか。

 往々にして、僕ら「活動家」といわれる者は「やれば良い」という素質が大きいようですが、なにしろ俳優さんですから、準備にはそうとうに気を使いました。

 朝日新聞広島版に写真付きの記事が載り、びっくりするほどの申込み電話が掛かってきました。まさに「AKB48」の申込みのような感じでした。RCCラジオにも電話出演されたら、またまた電話が掛かりました。

 この公演を終えて思うこと、それは「世の中捨てたもんじゃあない」ということを身体で実感することができました。原発に反対する人、フクシマに思いを馳せている人は、たくさんおられるということの実感です。

 参加した人にアンケートをお願いしましたが、その熱い思いをガンガンと感じ取ることができました。今度、そのアンケートに書かれたものも紹介したいと思います。

 公演が終わり、中村さんと広島駅に向かう車の中で「広島市公演が一番良かった」と言われ、僕も大満足でした。「良い」というのは舞台の大きさとか照明とか音声とかのことですが。

 中村さんは、今年中に24か所でこの朗読劇をやる予定が入っているそうです。100回を目指すとも言われました。すごい気持ちをエネルギーです。
 僕も、負けるわけにはいきません。

上関原発を止めるために急がれること

 8月9日から「エネルギー基本計画」を改定する作業が、経済産業省で始まったというブログ記事は先日も書きました。これからの議論の経過と、どう決まるかが、上関原発の建設計画を白紙撤回させることに大きな影響を与えるだろうと、大注目をしています。

 前回の14年4月の改定では、いくらなんでも福島原発事故直後ということで、安倍政権も原発推進の姿勢は隠していたように思えます。しかし、安倍政権の支持率が高かった時期までは、今回の改定で新増設も打ち出してくるという危険性を感じていました。

 しかしここに及んで政権支持率の急降下、根強い原発反対の世論、東芝の経営危機などが、今回の「エネルギー基本計画」改定が、「本音」を隠して進めようとしているように見ています。それは冒頭での世耕弘成経産大臣の「骨格を変えるような状況の変化は起っていない」の発言に思えるのです。

 これに対し電力会社や経済界からは、今回の改定で「巻き返し」を目論んでいたようで、「原発は必要、新設も、リプレースを」という声をまさに「カラ元気」のように挙げているようです。

 どこかのメディアが、「9月の会議を欠席した、分科会委員の寺島実郎日本総合研究所会長が、どのような発言をするかが、改定作業の行方を占う」という意味の記事を載せていましたが、こんな一人の委員が決めるものではないでしょう。この記事はとても不愉快でした。

 山口県も中国電力も、「エネルギー基本計画」で新増設が決まることに、強い期待を持っていたように思えます。この「期待」については、中国電力にとってみれば「本気の期待」か、否かは微妙ですが、ともかく「お墨付き、責任転嫁」にはなるだろうと思っていたでしょう。

 昨年8月3日、山口県知事が上関原発計画地の埋め立て免許を許可した際、中国電力に対し「発電所本体の着工時期の見通しがつくまでは、埋立工事を施行しないこと」ということを要請しています。この「見通し」が、「エネルギー基本計画」で原発新設をどう示すかに、掛かっていたように思えます。

 「エネルギー基本計画」を、ほとんどが「原子力ムラ」のムラ人である18人の委員に決めさせてはなりません。「脱原発」を土台に再構築を、という8月13日の朝日新聞の社説がありましたが、とても正しい内容だと思いました。

 最低限でも、この度の改定で「新増設」には触れないということになれば、山口県知事は中国電力に上関原発は止めるように指示するのが、行政人としての常識的な判断でしょう。それよりも、せめて「新増設は無い」ことを明確にさせて、上関原発の白紙撤回をさせることです。

 そのためには、日ごろの原発反対運動とともに、特に「エネルギー基本計画」の議論の中にどう食い込んでいくかが、とても大切だと思っています。


Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

省ちゃん

Author:省ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック