Entries

ポスト山本繁太郎にむけて

 山本繁太郎山口県知事が、10月28日に入院して、自民党内では次期知事候補者の動きが急速に強まっています。綱渡り的に知事の仕事をしてきた、山本繁太郎さんですが、すでに知事職への復帰は困難と見ているようです。

 山本繁太郎知事が入院して、関係者はこの問題で、3度上京してポストについて話し合いをしているようですから。

 ここで山口県ウオッチャーの省ちゃんが次期候補者を考えてみました。 ここでは、あえて微妙な方の個人名は書かないこととしました。

 ずばり僕の予想では、副知事経験者ではないかと思っています。その根拠を消去法的に書いてみます。

 まず、恒例の中央省庁の官僚です。総務省に、外務省からという声も上がっていましたが、名前があがった人たちは、自分の今の仕事場でもっと働きたいという気持ちが強いようです。出来れば事務次官になりたいという希望です。

 若い岩国市長という声もあります。彼は同じ岩国を選挙区としている現・衆議院議員と仲が悪い。衆議院議員は自民党山口県の高い立場にいるので、仲が悪い人とタッグを組んでの選挙はしたく無いでしょうから、知事候補者への転進は無いものと思います。

 そうなると、消去法的に副知事経験者となった次第です。しかし、県庁内では、山本繁太郎よりも二井関成さんの時の方が良かったという職員が多いようです。県庁内でのゴタゴタも強くあります。以外にも山本繁太郎は職員に厳しかったようです。厳しいという人は、嫌われるのが今のご時世。

 穴として考えられるのは、上関原発をめぐる埋め立て免許延長問題で「功績」があり、山本繁太郎が頼りにしているとされる、現・土木港湾部長。大穴としては、萩市を選挙区としている前・自民党政権下で官房長官をしていた人。しかし少し高齢過ぎです。でも、高齢化の進む山口県では高齢者に元気を与える候補者になるかも知れません。

 いずれにしても、米軍岩国基地問題や上関原発問題を抱える山口県。そして何よりも安倍晋三の県です。アベシンさんも、腹の痛くなるような問題だと思います。いっそ死なない範囲で、再び腹を痛めてもらって、首相退任ということも有ってもとも思うのですが。

 そんな人の不幸を喜ぶようなことは、口に出さないことにしましょう。妻の昭恵さんは食事に気をつけて、健康維持に気を使っておられるようですから。いっそ昭恵さんの出馬が良いのではとも考えているのですが、チャンチャン!!。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/90-0f0ec16f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR