Entries

新入社員Sくんへ

 今年の4月に、正社員として採用された新入社員のSくん。「Sさん」と呼ぼうか「Sくん」にしようかと考えました。ひと昔前なら「S~」で良かったでしょうけど、「Sくん」が無難でしょうね。

 このSくんら3人が、先週から僕らの担当部門に現場研修で来ています。最初の挨拶が印象的でした。
 「エッチ ニーゴーの○○です。短い期間ではありますが、多くのことを学んで、これからの仕事に役立てていきたと思います。よろしくお願いします」というものでした。さすが、挨拶しなれているなという感じでした。この調子の挨拶を何回喋ったことでしょうか?たぶん、百回近くになるのではと思いました。

 それにしても、僕には「エッチ ニーゴー」と聞こえました。「エッチ」と「エイチ」では、ニュアンスも内容も大きく違います。「エッチ」は僕のような人間を指すでしょうし、「エイチ」は、今年クライマックス・ステージを楽しませてくれた、わが広島東洋カープです。「エッチ ニーゴー」が平成25年度採用の意味だということは、挨拶から10秒後に理解できました。

 僕が新入社員の時は、ほとんどが高校卒でした。「あの人、大学卒よー」という人が一人ほどいましたが。ツメエリの学生服を着て、就職から1か月くらい通勤していました。関係ないけど僕はツメエリが好きです。なぜかと言えば、シャツを着替えなくて良いからです。ツメエリは臭くなったり汚れたりすることもありませんから。

 職場の中には、Sくんのように正社員として就職できなかった人もいます。こういう人たちは、Sくんのことを羨ましく見ているいでしょうね。羨ましいということは、あまり良い気持ちを持つ対象ではないと思います。しかし、仕事はみんなでやっていくものです。またSくんのような年齢か、それより少し年下の息子や娘を持っているお父さん、お母さんもいます。自分の子どもが、Sくんのような社会人になって欲しいと思ったり、自分の子どもと比較したり、やはり自分の子どもに投影させて見ていたと思います。

 Sくんはこの春に仕事に就いたばかりなのに、社内の検定試験を受験するとのことでしたが、長い間、現場での経験から習った者としては、「そう簡単に知ってもらってたまるもんかー」という気持ちも少しは持つものです。

 僕がSくんに伝えるメッセージは、「離塁(りるい)感覚を持って、この会社を視ていて欲しい」ということです。会社は、これからの人生のベース(基盤)になるところですが、このベースにしがみ付くのでは無く、少し離れた気持ちで視ることも大切ではないだろうかということです。こういうことは言わなくても、十分に分かっているだろうと思いますが。

 一方で思うのは、この会社がSくんの期待に応えられるだろうか、という心配もあります。そんな悩みを感じた時も、この「離塁感覚」が救ってくれると思いますよ。

 まあー、とにかく研修ご苦労さんでした。とりあえず、僕の年金が滞りなく払えますように頑張ってもらいたいというのが、本音でもあります。誰も自分本位で考えるものですよね~。
スポンサーサイト

コメント

[C8] よく言われます

こんばんは。

目の前のみに焦点を当てるのではなく、全体を見通し俯瞰的な目線で物事を捉えろ…とよく言われます。

担当から担当への業務の流れや別会社とのやりとりなど、全体的な繋がりを意識して研修に臨んでいるつもりですが…なかなか難しいと感じます。

研修場所も色んな場所を転々としているので混乱も多々あります。そんな中で全体を見通して問題を発見するのは無理だろ…といつも思いながらレポートを書いたりしています。

そんな中、今回研修を受け入れてもらって気づいたことは、わからないことは今しか聞けないということでした。
研修が終わって以降は戦力として職場に立つので、今更わかりませんとは言えないなと、実際にお客様と忙しそうにやりとりしている様子を見て思いました。

あっちで言ってたこととこっちで言ってたことが違う!?と混乱することも多いのですが、その都度質問してわからないことを解決していきたいと思います。

今回研修を受け入れて頂き、ありがとうございました。
あと、エイチって言ったつもりですよ!
  • 2013-11-15 21:56
  • 臣弥
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/88-f581b903
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR