FC2ブログ

Entries

今、必死になって読んでいる本

 今、必死になって読んでいる本、それは文藝春秋新社が出した「廃墟の光・甦えるヒロシマ」という、1961年に発刊されたロベルト・ユンクが作品で、原田義人さんが訳されました。

 でも今、読もうとしてもアマゾンで検索しても「在庫無し」になっています。大学教師の知人が図書館で借り、全部コピーしてくれました。ロベルト・ユンクはオーストリアのジャーナリストで、且つ運動家でもありました。1994年7月、81歳で亡くなっています。

 そのユンクさんが何度も広島に来て、彼の目線で多くの人を取材し、書きあげたものです。ユンクの代表作には「原子力帝国」というのがあり、これは数年前に再版されました。

 「原子力帝国」をユンクさんから直接頂き、見開きのところにはメッセージとともにサインも書いてある物を持っています。今では大切な宝物です。そのメッセージを、ドイツ語の分かる人に訳してもらおうとしましたが、その人もよく読み取れないような達筆で、書いてありました。

 僕がユンクに会ったの、たぶん1980年のことで、5回目の来日の時でした。今、考えればたいへん有名な人なのですから、それなりに意識してヒロシマのことなどを話せば良かったのでしょうけど、そんなことはほとんど考えもせず、いつもの調子で話したことは今思えば大後悔です。

 でも彼が、プロ野球・広島カープの応援歌のカセットテープが欲しいとのことだったので、購入したことはしっかりと覚えています。それが地元のユンク記念館に展示してあることは、ビックリでした。

 有名人といえば2015年にノーベル文学賞を受賞した、ベラルーシの作家スベトラーナ・アレクシエービッチも平和公園を案内したことがあるのですが、まさかノーベル賞作家になるとは想像もせず、いつもの調子で話したのは、これまた後悔です。

 ユンクさんの書いた「廃墟の光・甦えるヒロシマ」は、部落差別のこと、プレスコードのこと、子供たちが受けた心の傷のことも書かれてあります。暴力団と警察、暴力団と進駐軍のつながりも書かれてあります。

 まさに凄い観察力で、その当時の広島の「臭い」が伝わってきます。それも人間の本性に迫り、生きることの執念を描いている、我慢できない臭いであったり、希望の風を感じる爽やかな匂いでもあります。

 ユンクも日本には5回来た人とはいえ、外国人です。しかし多くの人に取材し、自国に戻ってからも、広島で彼を支えた人の協力がありました。

 彼を広島で支えた人と、ユンクとの間に取り交わされた手紙などを元に、この夏にはもっとすごい本が出版されるようです。その人もユンクさんも、もうこの世の人ではありませんが。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/634-37a033bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

省ちゃん

Author:省ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック