FC2ブログ

Entries

上関町議会議員選挙の結果

 2月18日に投開票が行われた上関町議会議員選挙から、1週間が経とうとしていますが、その間いろいろな用事があり、このブログを書く時間が取れない状況でした。

 もう選挙結果は知っておられると思いますが、定数10人に対し11人が立候補という、まさに少数激戦というものでした。原発反対を訴える3人の候補は全員当選を果たしました。

 僕なりの選挙結果の分析をしてみました。原発反対の3人が得た得票数は、499票です。この数字をいう前に、当日の有権者数は2,634、投票者数は2,123、従って投票率は80.60%でした。

 原発反対の3人は、いずれも反対運動の拠点といわれる祝島からの候補者でした。祝島の投票者数は317です。祝島での原発反対・賛成の比率は僕の分析では、85%対15%くらいだと思います。317×85%は約270として、499から270を引くと229です。229の数が祝島以外から出たということになります。

 上関原発の反対運動に関わる中で、祝島以外のところで反対運動に「顔」を出して行っている人を、多くみても20人くらいしか知りません。まして町会議員の選挙ということで、地元の候補者を推すという傾向が強い中で、3人の反対候補者が全員祝島ということですが、祝島以外で229の数が出たということは、祝島以外の有権者の方たちの上関原発反対の思いも「強い」と感じました。

 もちろん3人の候補者は、祝島以外にも選挙カーを走らせ、選挙活動を行った賜物ではあります。

 しかし繰り返しになりますが、祝島以外で「反対」と声も顔も出して頑張っている人が表面上多く見えない中で、この数字は「捨てたものじゃあない」と思いました。

 祝島以外の地域では、原発推進派の締め付けがとても厳しい状況ですから、なおさらでした。考えてみれば福島原発震災を経験し、「原発はいやだ」という声が多いのは当然といえばそうでしょうね。

 落選した原発推進の候補者、4年前の時は214票を得て安定した位置で当選した人ですが、それがこの度は桁を落とした86票という数字でした。この214票引く86票の128票という数字、これは以外な数でした。

 投票率の低下が気になります。前回の選挙は86.03%でしたが、それから約6%下げたことになります。上関原発の建設計画が浮上してから、この度は9回目の町議選挙でしたが、当初は95%を超える数字だったと思っています。高齢化の中で、投票に行くのが困難になったという理由もあるでしょうが、上関原発への関心が、町民の中に薄れているということもあるのでしょうか。その点は、もう少しいろいろな人から話しを聞いてみたいと思います。

 「エネルギー基本計画」の見直しで「新増設無し」にして、上関原発建設計画を白紙撤回させ、4年後の選挙では新たな町づくりに向けて歩みだすものになることを願っています。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/626-3000141c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

省ちゃん

Author:省ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック