FC2ブログ

Entries

冬が夏を超えた

 この時期、朝のあいさつは「寒いですね」で始まりますね。僕はまだ「クソ暑い」と叫んでいた、昨年の夏の感覚が身体の底辺部分に残っているので、もう少し日にちが経つと寒さを感じるという体質です。

 しかし一段と寒かった先週1月24日の午後6時から7時の、中国電力の電力使用量が1096万kwという数字を記録しました。これまでの冬の最高値である、2年前の1月25日の1086万kwを超えました。小さな記事ですが、地元新聞も報じました。そしたらその翌日の1月25日の午前10時から11時は、1103万kwを記録しました。

 電気だけでなく、広島ガスの都市ガス送出量も202万2690立法メートルになり、これまでの最大になったとのことでした。

 中国電力が昨年10月に発表した、この冬、1月・2月の電力需要予測を1057万kwとしていましたから、この値を超えたことになったのです。

 電力使用量というのは、夏場の猛暑でウイークディ、会社や工場がフル稼働している時に最大になるとされています。昨年夏の最大は、8月24日の午後2時の1075万kwというものでした。ちなみに昨年夏の需要予測は1095万kwでした。

 冬の使用量が伸びるという理由には、暖房を電気で行うというのが会社でも家庭でも増えたということでしょう。高齢化の中で、安全・衛生ということが大きな理由だと思います。そして特に賃貸マンションなどは、電気で暖房を行うということが、借りる時の条件としているのも多いそうです。

 それと大きく普及した太陽光発電が、冬は日照時間が短いことなどで、自前の太陽光発電の発電量が減るというのが理由だと思います。

 1月24日も、供給力の余力を示す予備率が12.4%で、最低限必要な3%を大きく上回っていたそうです。

 電気を熱源として使うということは、とても効率的ではないといわれます。石炭や油などの原料を使って熱を起こし、その熱で発電し、発電した電気を長い送電線で送電し、その電気を再び熱に転換して使うということは、ほんとに熱効率的にはムダだと思います。

 ちなみにわが家は、石油ファンヒーターです。これもファンを回転させるために電気を使っていますが、エアコンよりも良いかという気持ちからです。そして睡眠の時は、マフラーを首にぐるぐるに巻いて眠ります。
あまり自動車を運転するのは好きではないのですが、ガソリンをエネルギーにして車を動かし、その時に発生する熱を暖房に使う、これはお薦めだと思うのです。

 熱効率の高い小型ガス発電で電気を作り、その時に発生する熱を地域の空調に使うということが、欧州などでは普及しています。知恵と工夫で電気の使用量は大きく減らすことができるという実践は世界中で普及しているのです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/621-70266fdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

省ちゃん

Author:省ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック