Entries

職場の記念日がやってくる

 不愉快な思いを持つ10月になりました。何故か、10月中旬に、僕が勤務している職場の記念日がやってきます。この記念日の日、午後は特に仕事がある人を除いて休みになります。仕事をした人は一か月以内に代休を取ることになっています。
 以前は、午後から同僚とお酒を飲んだり、マージャン店で遊んだりと、楽しく過ごしていたものです。

 しかし職場も、働く形態が違ってきて、ギスギスした雰囲気になりました。この記念日に給料をもらって休めるのは正社員だけ。僕のように60歳でいったん定年退職をして、契約社員として仕事をしている者は、給料は無いけど「休め」ということになっています。そして、いわゆる派遣社員の人は休み無しで、普通通り仕事です。こんな差別構造を作っていても、直接的には誰も不満や文句は言いません。

 「社員はリスクという考えから、パートナーとしてとられる会社」こそが、将来発展する会社だと思います。名古屋市に「未来工業」という電気設備資材や給排水設備を作っている会社があります。従業員は約800人。株式も上場しています。この会社は、日本一社員を幸せにする会社だと言われてます。この会社のモットーは次のようなものです。
営業のノルマ禁止
残業は一切禁止
(時間内に業務を終わらせるため考えなければならない。常に課題をもつことで仕事への提案力も増す為)
上司が部下に思想ややり方を押し付けることはNG
従業員はすべて正社員
改善提案制度 -提案を出せば500円、いい提案なら最高3万円
5年に一度の会社全負担の海外への社員旅行
年間休暇140日 (有給休暇除く)
社員旅行でクイズ50問に正解したら半年間の有給休暇を与えられる
育児休暇3年
社員の平均年収600万
上司への「ホウレンソウ(報告、連絡、相談)」禁止
(「常に考える」が会社のモットー。その為ホウレンソウ禁止は、1人ひとりが自ら考える自発性を重視した結果)

 こんな会社は生ぬるいというように言う人もいるでしょうけど、実績は会社業績で実証されています。

 あー、わが社の記念日、挨拶もせずにコソコソと退社しなければなりません。嫌ですねー。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/62-829878f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR