Entries

ゴミ博士として思うこと

 僕は自称「ゴミ収集博士」です。生ゴミは何曜日と何曜日、資源ゴミは2と4週の火曜日、微妙に判断できない物でも即座に収集日をいうことができます。

 今日水曜日は、ペットボトル・リサイクルプラの日です。圧縮していれば小さくなる物ですが、やらないと大きな容積になるゴミです。それでなくても、週に水曜日しか収集しないので、ゴミを集積場はいっぱいになるのです。

 そして、先週の水曜日がお正月の3が日となって収集がなかったので、まさに今朝はテンコ盛り状態でした。いつもの倍以上になっていたと思います。この辺りは、それなりの年齢の方が多く住んでいるので、お正月ということで子どもや孫たちが帰省して、そのために、たくさんご馳走でも作られたのでしょうかね。

 ゴミといえば原発からの放射性廃棄物、去年高レベル放射性廃棄物の処分地特性マップが発表されて、その説明会というのが各地で行われました。説明会の参加者を集めるために、主催者がお金を配って形だけを繕ったこと、何十年も前から変わらない「原子力ムラ」の体質を思わせます。

 今日は収集作業をしておられる方は、本当にたいへんでしょうね。ゴミをきちんと収集してくれるということについては、市民税を納付する時に納得するのです。

 知人で収集作業をしていたのがいますが、彼からその裏話を聞いたことがあります。資源ゴミを市の業者が来るまでに集めて、それを生活の糧にしている知人もいます。これは「やってはいけないこと」らしいようですが、僕は高齢者の家庭では、家の玄関に置いておけば持ち帰ってくれるので、「いいんじゃないー」という気持ちです。

 広島市はゴミの分別がキチンとしているので、時どき収集日でないゴミが置かれている時には、その理由を書いた紙が貼られて、そのまま置かれています。ずっと置かれていると、僕は「これは収集されません。粗大ゴミとしての手続きをしてください」と書いた紙を自分で貼っておくこともあります。

 処分方法がきまらない放射性廃棄物、国にいわせれば決まっているというかもしれませんが、金を配らないと説明会に参加してくれる人もいない、どこの自治体も手を挙げるところがいない中で、こんなゴミは「もうこれ以上出さない」と決めることではないでしょうか。

 今朝、こんなことを考えていると1月8日付け愛媛新聞の「地軸」欄に、同じようなことが書いてありました。とてもマトを得ている文章です。最後の5行だけを紹介しておきます。

 このままでは国内の原発は核の「ごみ屋敷」になりかねない。再稼働でさらにごみを増やしていいのか。「動かしながら考える」という言い訳はもう通用しない。

 この通りです。全部読みたい方はお知らせください。メールまたはFAXでお送りします。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/618-1b744b03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

省ちゃん

Author:省ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック