FC2ブログ

Entries

誕生日と成人の日

 誕生日です。皆さんからたくさんの「おめでとう」のメッセージをいただき、本当にありがとうございました。

 おめでとうのメッセージとともに、「誰々さんが亡くなられました」というのが付け加えられ、「エッ!」と驚き、だいぶ落ち込んでいます。3人もの友人が亡くなっていました。

 誕生日は、なんといっても生んでくれた両親への感謝の日です。被爆者の両親ですから、もしあの日、父か母が爆心地の方へ行っていたら亡くなっていたでしょう。僕が4歳の時に父親が急死しましたので、母がそれを憂いて自死でもしていたら、その後の僕の運命も大きく変わっていたと思います。そんなことを考えていました。

 「独り居の日記」、「わたしの愛する孤独」などを書き、1975年に83歳で亡くなった米国の女性作家メイ・サートンさん、「私から年齢を奪わないでください。この年齢は私が働いてようやく手にしたものです」と書いています。親日家でもあった彼女は、とてもラジカルな活動家でもありました。

 改めてこの言葉を読むと、年齢を重ねることでの「味」というか、「深み」を思わせてくれます。年齢を重ねることへの安心感を持たせてくれます。

 そして今日は「成人の日」ですね。僕の時は1月15日でした。その頃、通信教育で法律を勉強していて、ちょうどその日が地方スクーリングだったので、成人の日の式典には欠席でした。後日、届けられたお祝い品が鏡だったのを思いだします。

 新成人になった人に、教訓じみたことをいうほどの立場でもありませんが、あえて云うとすると、自分の「尺」を持って欲しいということです。「尺」とは自分の考えの物差しを持って欲しいということです。ただしすぐに「尺」が出来る訳はありませんので、いろいろな経験を重ねて欲しいという意味からの言葉です。

 失恋することも、死にたくなるような悲しいことも、万が一警察に逮捕されることも、人を傷つけることも、いろいろな体験が立派な「尺」になるものだと思っています。そしていつまでも「尺」を磨くための努力を重ねて欲しいものです。

 成人を迎えた人たちの、これからの世の中は皆さんにとっては、僕たちが育った時のような感じでの楽しさはないと思いますが、考えようによっては新しい興味深い時代にもなるのではないでしょうか。

 森田公一とトップギャランの「青春時代」という歌が好きで、時どき口ずさんでいます。『青春時代が夢なんて、あとからホノボノ思うもの。青春時代の真ん中は胸にトゲ刺すことばかり』です。

 誕生日が同じの金正恩くん、核実験などしなくて本当に良かったです。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/617-3544ab09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

省ちゃん

Author:省ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック