FC2ブログ

Entries

誰に忖度しているのか?!

 新年に入って中国電力の会長や社長からの、島根原発2号機の再稼働、3号機の運転開始、新設原発である上関原発を進めたいという声がメディアを通じて伝わってきます。

 中国電力の新年互礼会、広島の経済界の新年の集まり、そして先日は会長と社長が山口県を訪れ、「エネルギー基本計画に新増設が入ることを希望したい」と村岡嗣政山口県知事と話しているようです。

 まあー新年ですから、かなわぬ初夢でも見ているのだろうと思っていますが、地元でたいへんな苦労をしながら反対運動を取り組んでいる人の気持ちを考えると、とても不愉快です。一番シラケて見ているのは、他ならぬ中国電力の社員かも知れませんね。

 こんな発言を連発するのは、それなりの忖度が働いていると思います。現在の進められている「エネルギー基本計画」の策定作業に原発新増設を盛り込みたい、経済産業省や経済界への忖度だと思います。

 エネルギー基本計画に原発新増設を盛り込みたいという、経済界の働きかけに凄まじいものを感じます。経団連の会長の後任に、日立製作所の中西宏明会長が起用されることが決まりました。中西会長は安倍首相とも近い関係にある「お友達どうし」ですし、日立は原発のメーカーです。イギリスに原発輸出することで政府の債務保証を得て、東芝のようにならない約束で進めようとしています。

 中国地方の経済界の集まりに中国経済連合会というのがありますが、その会長をずっと就任するのは、中国電力の会長という役職の人です。現在は苅田知英さん、その前は山下隆さんでした。国の経済界のトップに安倍晋三と近い日立の会長が起用されることになり、その中国地方のトップが中国電力ということですから、忖度するのでしょうか。

 一方の「悪」である村岡山口県知事、昨年でしたか自民党に入党し安倍晋三へ「ヨイショ」をしました。自民党員だった人が県知事に就任し、自民党を離れるというのは理解できますが、その逆を僕はあまり聞いたことがありません。無所属で立候補しているのですからね。

 中国電力も新たに原発を建設するような必要性も条件も無い中、こんな政治の波の中で右往左往しているのも、まさに「哀れなりけり」とも思いますが、事業者としての責任と判断を忘れてもらっては困ります。

 そういう意味で、現在見直し作業が行われている「エネルギー基本計画」は非常に重要だと思います。何とかして原発回帰を狙う国・経済界と、圧倒的多数の世論を背景に「原発いらない」の私たちとの、まさに攻防の中にあると思います。

 話しはコロッと変わりますが、星野仙一さんが亡くなりましたね。星野さんといえば、毎日のように関西電力のテレビコマーシャルに出ていた姿です。特に彼が映像で話していた、「僕もすぐに熱くなる男だけど、地球がこれ以上熱くなるのも困るね。だから原子力発電!」というものです。その他、プルサーマルのことなどにも、たくさん出演していました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/616-3cc31e0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

省ちゃん

Author:省ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック