FC2ブログ

Entries

新しい「3だけ主義」

 一昨日、12月25日は中国電力が島根原発2号機の「新規制基準への適合審査申請」を行った日でした。2013年ですから、丸4年が経過したことになります。中国新聞に関連した記事が出ていました。東京支社に転勤して河野記者の署名記事です。

 今年は、日産自動車のデータ改ざんなどなど、ごまかしの本当に多かった年でしたね。新幹線の亀裂問題への対応の悪さは、とっさの判断が自らではできないという、安易さと甘さを思い知らされました。

 今年最後?のムカツクことになったようなことが、昨日のニュースが報じていました。それは東京で女子高生が殺害された事件で、この裁判を審理した裁判官が自らのツイッターに「無惨にも殺されてしまった」などと投稿したという事件です。被害者の母親が「事件をちゃかしているように感じる。現職裁判官の行為として信じられず、許せない」と話したそうですが、その気持ちよく分かります。

 裁判官も一つの職人的な仕事だと思いますが、仕事にプライドを持ち、キチンと行う職人という人が少なくなったように思います。

 その大きな原因は、現場を知らない人が多くなっていることだと思っています。僕が現役として仕事をしていた40歳台くらいまでは、現場で教えられ、仕事をする上でのマナーのようなこと、態度を教えられ、身体で仕事を覚えさせられました。

 それがだんだんと現場の作業、お客に直接接する作業は、下請け、孫請けに下ろされてしまいました。下ろされるのは仕方無い部分があるにしても、それらの作業者を指示したり、ある時は注意したりすることが無くなったと思います。指示するにも、その作業のことを知らない監督的立場の人が多くなったと思います。

 この度の新幹線の亀裂問題でも、作業のノウハウというか勘を含めて知っている人の多くが、定年退職時代を向かえるというのもとても不安です。

 技能オリンピックというのがありますが、かつては日本がベスト4までには入っていたそうですが、今は中国がトップで、日本が9位に下がったそうです。

 「安全ヨシ!」という感じで、指さしのポーズをしているJRのポスターを見かけますが、嘘っぽくて見る気にもなりません。

 技術で有能な人材を、安易に他部門に回すというようなことも行われています。中味よりも、形だけ、数を揃えれば良いというのも問題だと思います。高齢化時代で有能なスキルを持っている人材というのは、会社にとって経営者にとても大事な財産だと思うのですが、それらをいとも簡単に失うような事態だと思います。

 このブログに「今だけ、金だけ、自分だけ」という「3だけ主義」を書いたことがありますが、今の企業や経営者を見ていると「数だけ、形だけ、ポーズだけ」という新しい「3だけ主義」を思わざるを得ないのです。

 やがて大きな失敗が明らかになっても、頭を下げて本音は「内部告発したのは誰だ!」と犯人探しが始まるが常です。こんなの何度も見てきました。あー情けない。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/612-1214027f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

省ちゃん

Author:省ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック