FC2ブログ

Entries

民営化とユニバーサルサービス

 早くも11月、あっという間に過ぎる時間の流れを感じています。

 11月から僕が投函する近くの郵便ポストの収集時間が、1日に1回となりました。何年か前は、早朝とお昼、そして夕方の3回ありました。それが2回となり今日から1回となったのです。

 結構使われているポストは2回かなと思って、区役所前のポストを視てきましたが、ここも1回でした。メールの普及で郵便を使う人が少なくなったのでしょうけど、収集が1回になるのはサービス低下ではないでしょうか。

 郵便局に行くと、今では年賀状の購入予約を誘われます。年金の受取りを郵便局にするとプレゼントを出すとか、保険の加入も誘われます。あいさつも丁寧になりました。利用する側の立場からは、丁寧なあいさつで気分は悪くはなりませんが、あいさつを求めて郵便局を利用するのではありません。

 働いている人から聞いたのですが、働いている多く人が非正規だそうです。そして、年賀ハガキや保険の勧誘などノルマが課せられているそうです。自腹で多くの年賀ハガキを購入し、それを金券ショップで売っているという話しは本当に嘆かわしくなりました。

 電電公社も民営化してNTTになりましたが、公社時代は近くにある電話局にはたくさんの職員さんがいました。分からないことは、電話局の窓口に行けば、丁寧に教えてくれたものです。

 最近は、「○○は○番を押し、次は○番を押し…」とやられ、次のメッセージは録音された言葉で「ただいま電話がたいへん混みあっています。しばらく経って…」をやられると、もう諦めです。

 番号案内の「104」は無料でしたが、有料になる時に障害者手帳を持っている人は、暗証番号と名前を言えば無料ということでした。母親が障害者手帳を持っていたので、それに登録していました。

 最初の頃は、そのサービスが働いている人にも徹底されていたようで、スムーズに答えてもらいましたが、何年経ってそのことを言うと「エッー」という答えでした。もう母は亡くなったので、使えないでしょうが、今でも残っているのでしょうかね。

 旧、国鉄・電電・郵政などのサービスは、ユニバーサルサービスとして全国均等、安価な値段で平等にというのが基本だったと思います。

 私たちが使う電力も去年の春から自由化され、2020年には発送電事業も分離されることになっています。今は、これまで通りのサービスは維持されると云われていますが、何年か後に過疎地に電線を張るのは特別料金とかいうことにならないかが心配です。

 今から郵便ポストに投函しても、収集されるのは明日の夕方です。働いている人も減らされたのでしょうか。ホント、これで良いの!?

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/605-559cc404
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

省ちゃん

Author:省ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック