Entries

柏崎刈羽の「適合」決定

 子どもの頃、「ゴメンで済むのなら、警察いらん」というようなことを言ってたように思います。これと同じことを、柏崎刈羽への原子力規制委員会の「適合」で思いました。

 「福島第一の廃炉に主体的に取り組みます」
 「経済性よりも安全性追求を優先します」
 という言葉、当然大切なことでしょうけど、子どもが怒られた時に「もうしません!」と言って、許しを請うのと同じではないでしょうか。なんの裏付けもなく、まあー親としては「落とし前」をつけるために、対・子どもではこれで許せるのでしょうけど、原発事故に、それはないでしょう。

 原子力規制委員会としても、気持ちの問題として「決意」を聞いて、どうにか許してあげようとなったのでしょう。9月22日で退任した田中俊一・前委員長としては、まさに浪花節の世界ですね。

 地震・津波で福島原発事故は起こったとされていますが、まだきちんと事故原因の解明もされていません。解明もされないままでは、対策は立たないでしょう。それでも安倍首相は規制基準を「世界でもっとも厳しい」と、これまた臭い「浪花節」です。

 廃炉にしても除染にしても、なにもかにもの「終わり」の見通しが立たない中で、もうここらで「リセット」とでも考えたのでしょうかね。

 東京電力の「福島の責任を全うすることのために、まずお金をきちんと稼いでいく、福島での責任を全うするためにも柏崎刈羽原発を再稼働したい」という屁理屈は通らないのではないでしょうか。

 しかし米山隆一新潟県知事の姿勢では、今すぐに再稼働はないと思いますが、3年後には知事選挙が待っています。再稼働派は、それを狙っているのでしょうか。

 僕は結果として再稼働になるという問題よりも、これを機会に福島原発事故と同型の沸騰水型(BWR)原発の、再稼働への道を付けたと思うのです。柏崎刈羽の「適合」を決めた10月4日に、上京していた中国電力の清水希茂社長は早速「島根3号も、できるだけ速やかに適合性審査の申請をしたい」と話していました。

 島根原発南側にある宍道断層の長さを、39キロメートルにすることを中国電力も原子力規制委員会も了承し、そうなれば「基準地震動」が固まり、それへの対策も見通しがつくということを思っての言い分でしょう。しかし、これは世論を無視してのやり方です。

 今、電力需要は16年前のピーク時の80%未満で推移しています。原発は不要の時代となっています。そして今でも全国で5万人以上の人たちが、避難生活をしているという現実、柏崎刈羽のある新潟県全体でも、今年8月末現在で2837人の避難者がおられるそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/601-259d6a63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

省ちゃん

Author:省ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック