Entries

ラジオ体操の歌

 NHKでテレビ取材を受けたことがある人は、経験したことと思いますが、取材の前に「議員さんじゃあないですよね。そして、選挙に出馬する予定はありませんか?」と訊ねられます。

 ニュースなど報道番組だけでなく、僕は広島ローカルの「おこのみフォトクラブ」という、視聴者が撮った写真を載せるというコーナーに写真を出したことがあるのですが、放送する前に同じことを訊ねられました。

 選挙の公正というか、特定の議員や候補者へのエコヒイキにならないようにという配慮からだと思いますが、こういうことは3年くらい前には無かったと思います。

 何年も前から、朝6時30分からのラジオ体操をしています。このラジオ体操のテーマ曲、「新しい朝が来た。希望の朝だ!」で始まるこの曲は、もう何十年も前から歌われているものだと思います。

 この「希望の朝だ」の部分、最初に書いた尺度から視ると、どうしても引っかかるのです。この度、突如出来た「希望の党」の宣伝になるのではと。半分はジョークで書いているのですが、「おこのみフォトクラブ」での写真までチェックが入ったのですから、言いたくもなります。

 公示から投票日までは、「新しい朝が来た。・・の朝だ」にするとかして、その部分を無音にするとかボカシを入れるとか、何か違う言葉にするとか、そうですね「二日酔いの朝だ」とか。

 どこかの子どもが「新しい母が来た」として歌っていたのには、大笑いしたことがあります。

 僕は選挙中に、コンピューターが無作為に選びだした電話番号に電話をするという、世論調査のバイト経験が何度かあります。とても関心のある仕事ですから、二つ返事でOKしています。

 そこでいつも思うこと、それは永田町で政治を仕事としている者の感覚というか、ある意味で「狭い世界」で、「好きだ、嫌いだ」と言っている世界の人間と、世間の間では大きな隔たりがあるということです。

 本人が思うほど、あなたは有名人ではないということを知って欲しいのです。しかし有権者は、感覚で政治を知っています。東京都知事になって、「大改革」をやってくれると期待した小池さんが、1年少しで都知事を辞職して衆院選に電撃出馬をするかも?というニュース、こんなことになれば彼女は『史上最悪の都知事』と言えるでしょうね。

 「安保法制に改憲に、命を懸けて反対」と言っていた議員が、いとも簡単にそれも説明無しで、その反対の政党に鞍替えするという事態、なんともなんとも腹立たしいこと言葉もありません。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/598-f829e327
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

省ちゃん

Author:省ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック