Entries

プロの活動家か?! 

 「気を悪くするかもしれんけど、言ってもいいかなあー」と、仲の良い友人が話しかけてきたことがありました。僕は「悪くしないから、どうぞ」と云うと、彼は僕のことを「アカだと言ってる人がいる」と、申しわけなさそうに話しました。

 友人の年齢は僕より一回りくらい下ですから、50歳代の「いい大人」です。僕のことを「アカ」だと云ってる人がいるということよりも、友人が「気を悪くするかも」と前置きし、申し訳なさそうに、話したことの方が僕は衝撃でした。

 まだ「アカ」というのが、すごく差別的というかそんな風に扱われているということです。上関原発建設問題が公けになった最初の頃ですから、もう30年以上も前のことですが、反対運動の拠点と言われている祝島のことを、原発推進派が出したと思われるチラシが「祝島がアカの島になる」と書いたことがありました。

 その時代ならまだしも、今でも「アカ」という言葉がそんなレッテルになっていることが、驚きだったのです。

 東京都議選の最後の日、安倍晋三さんが秋葉原で演説した時、多くの人から「アベ辞めろ」のコールが起こった時、安倍さんがコールの方向を指さして「あんな人たち」と発言したという事件、話題になり今の安倍政権の支持率低下の大きな原因になっていると思います。

 この事件後、政府の中から「彼らはプロの活動家…」という「見解」が出てきて、こういう連中は特殊な人という「分断策」がされました。

 「プロの活動家」、プロといえばこれで「メシを食っている人」というようになるのでしょうが、こういうことをやるヤカラは「プロ」というようにレッテルを貼る「分断」は、「アカ」というのと同じように思われました。

 僕ごときでも、「活動のお金はどこから出ているの」という意味のことを問われることが何度もあります。「日当はいくらでやっているの」とかも、あります。 
 NPOとか労働組合や、大組織では活動でメシを食っている人は、何人もいることでしょう。しかし私たちの市民運動では、ほとんどの人が仕事をしながらで、活動費用は自らの持ち出しです。そういう形での運動というのは、「信じられない」という考えがまだ残っているというのが、まさに時代遅れを感じました。

 僕もあるNPO団体の賛助会員として、年に万の単位の会費金やカンパ金を払い、自らの会の活動は会員からの会費や、カンパ金でやっているのだということを、分かってもらいたいと思います。

 中国の人権活動家、劉暁波(リウシアオポー)さんの死、それに対する中国政府のまさに恐怖すら思わせる対応は許せません。しかしその裏返しは、中国政府自身の「ビビリ」ですね。

 しかし劉さんと妻の劉霞(リウシア)さんとの夫婦愛、すごいですね。09年12月、再び拘束された裁判の一審判決前の最終陳述で劉暁波さんは妻の存在について「この20年で最も幸運なことと言えば、妻劉霞の無私の愛だ」と述べ、さらに「たとえ私が粉々になっても、灰になってあなたを抱擁するだろう」と。僕はこんなことを妻には言えない、もちろんお互いにでしょうが。それにしても、妻の劉霞さん美しい人です。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/587-45beb0ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

省ちゃん

Author:省ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック