Entries

北朝鮮が「プルトニウム増産か」報道

 大前提で言っておきますが、日本における報道などを見ている限り、北朝鮮の政治体制が良いとは思いません。日本に住んでいる「北朝鮮系」の知人・友人は何人もいますし、仲良しです。しかし残念ながら現在北朝鮮に住んでいる知人はいません。ぜひとも友達を作りたいと思っています。

 北の指導者は良くないとは思いますが、それは日本も一緒でしょうね。まさに「どっこい、どっこい」、指導者が悪いから国民も悪いと言われたら、僕だって大迷惑です。

 北朝鮮が核実験を行ったり、ミサイルを発射したりする報道を見るといつも思うことがあります。特に核実験の場合ですが、「この核実験で周辺住民や環境に影響は表れないだろうか」という心配です。地下核実験でも、大きな影響が出るのですから、それが隠されていることで、ますます気になります。

 北にも広島・長崎の原爆被爆者が住んでいますが、それらの人には何の救済措置もされていません。「被爆者はどこにおっても被爆者」という、被爆者救済の原則に戻れば、国交が無いからということで何の努力もしないことにはならないと思っています。

 その北朝鮮が「プルトニウムを増産か」、という新聞記事が7月16日に載りました。米国の大学の北朝鮮分析サイト「38ノース」が、分析したというものです。プルトニウムの生産量は不明としていますが、再処理施設の温度が高かったということで、この発表になったようです。

 スウェーデンのストックホルム国際平和研究所は、北の持っている核弾頭について、昨年の分析では最大10個と推定していたそうですが、今年1月時点では10~20個に増えた可能性を報告しています。こんな「百害あって一利なし」のプルトニウムなんか、持って欲しくありません。

 一方この日本、原発から出てくる使用済み核燃料を再処理して、生みだされるプルトニウムは高速増殖炉の燃料として使うと、それは「夢のエネルギー」だという大嘘を言ってきました。「きました」という過去形ではなく、今もそういう意味のことは言ってます。

 しかし、昨年福井県敦賀市の高速増殖炉「もんじゅ」は、莫大なお金を費やしながらも、廃止されることになりました。いまやプルトニウムの使い道は、核兵器しかありません。電気事業連合会は、プルトニウムを普通の原子力発電所で使うというプルサーマルを、10基以上の原発で行うという計画を言ってますが、やっかい物の処理のツジツマを合わせでしかありません。

 そうなのなら、もうこれ以上プルトニウムは作らないというのであれば、まだ理屈にあうとは思いますが、一方で青森県の六ヶ所村再処理工場は運転を始める、第二再処理工場も建設するという姿勢です。

 日本には、48トンのプルトニウムが存在するとされています。フランスやイギリスに保管されている物も含めてですが、北朝鮮どころではありません。原発級のプルトニウムでも、約8キログラムで核兵器が1個出来るとされていますから、48トンでは6000発の核兵器です。北の数を20個としても、その300倍です。

 日本は北より理性があるから、平和国家だからなど「意味・根拠不明」なことを言う人もいますが、いつまでこんな「ノウテンキ」なことが言えるのでしょうかね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/586-fce4900b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

省ちゃん

Author:省ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック