Entries

原発と「テロ対策」

 原子力資料情報室の代表をしていて、2000年10月8日に亡くなられた高木仁三郎さんと話しあったことを思い出していました。それは「原発社会は監視社会を加速させる」というものでした。

 原発を進めるためには、テロ対策・核物質の管理、などにより「一般市民」も監視される対象になるという話しでした。共謀罪の議論の中でも原発へのテロというのは話しに出ていましたが、そこまでしてなぜ原発が必要なのかということが理解できません。

 原子力規制委員会が、大学などの研究用原子炉を使う学生や研究者などを対象に、精神疾患の有無や犯罪歴といった身元調査の実施を大学側に要請していることが分かったという新聞記事がありました。

 調査の目的は、核物質の盗難やテロ行為を防ぐためということです。すでに原子力規制委員会は、原発で働く作業員の身元調査は求めており、電力会社は今秋にも実施するとしています。

 身元調査は17項目あり、精神疾患やアルコール依存症の有無、犯罪歴や職歴、テロリストや暴力団との関係がないことが誓約されるそうです。これに対して大学側は「原子力の研究を志す学生が減りかねない」と困惑しているそうです。また身元調査は学生の自己申告で、その実効性にも疑問が残るとしています。しかし虚偽申告が見つかった場合、大学が行政処分を受ける可能性があるともされています。

 原発に反対している人も「テロリスト」とされるような時代、原子力を学ぼうとする若者が、僕のような「ハシクレの原発反対者」とでも話すことが避けるような気がします。

 6月19日、四国電力伊方原発でテロに対する、愛媛県警や松山海上保安部、四国電力の合同訓練が実施されました。終了後、警察幹部は「テロも自然災害も想定外への対応が重要。警察内部や海保などとの連携を強化したい」と話し、海保の幹部は「伊方でもいつ何が起こるか分からない。治安機関としてテロ対策を向上させていく」と話したそうです。

 「テロリスト」か否かは、事前に調べていないと判断できないと思うのです。そのためには、みんなが調査の対象にされると思うのです。

 先日新幹線に乗っていたら、「不審物、不審者を視かけられたらお知らせください」という内容の車内放送がされていました。いくらでも不審者に変装することは出来ます。逆に「不審者」が、いくらでも「紳士」に変わることも出来ます。

 2020年オリンピック・パラリンピックのために、「共謀罪」が必要だと安倍首相は話していましたが、そういう理屈ならいっそオリンピックを止めても良いと思います。オリンピックは口実だとは思いますが、あまりにも失うものが多すぎます。しかし、それを言う野党や評論家はいないですね。そのタブーが怖いです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/582-a3c718e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

省ちゃん

Author:省ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック