Entries

真庭バイオマス発電所見学

 14日にして今月初めてのブログになってしまいました。頭の中から抜けないのが、28日に行われる中国電力株主総会のことです。事前質問書は何を出そうか、会場内質問はどれを取り上げようか、株主提案議案の補足説明はどうしようなどなどが頭の中を巡りめぐっていました。

 といっても、祝島へ枇杷狩りに行ったり、修学旅行の碑めぐり案内、いろいろな会議、証券会社のやる講演会とか、劇の観賞に行ったりとの生活です。こんな時間を過ごしていると、中高生の頃に試験が近づくと、部屋の掃除や模様替えをしていた時を思い出します。掃除や模様替えなどをあえてこの時期にやらなくても、と思いながらも昔からこういう癖があるのでしょうね。

 そんな中、ワールド・フレンドシップ・センターのピースセミナーの皆さんと、1泊2日の予定で岡山県真庭市のバイオマス発電所見学に行ってきました。僕以外は全てが女性で、皆さんとても勉強熱心な方ばかりです。僕は長い間このセミナーの講師という立場にいるのです。

 真庭市は9の市町が合併してできた、岡山市よりも広い岡山県で最大の市です。四国の香川県の半分くらいの面積だとも言っておられました。人口は約4万6千人、面積の内、約80%が森林です。

 最初に真庭市役所に到着、市議会議員をしておられる知人が待っておられて、大まかな真庭市の話しを教えてもらいました。その前に真庭市役所に着くと、プーンと木の匂いがしてきました。市議会議場は総木造りです、これにはみんなが大喜びでした。「うちの孫の学習机をこれで作って欲しい」という声も聞こえました。

 市役所は旧久世町にあるのですが、JR姫新線の昼間ダイアは1~2時間に1本の電車しか来ないのですが、その駅のトイレはオール木造りで数千万円を掛けたそうです。ピースセミナーの皆さんはこれにも感動して、みんな使っていました。

 真庭市役所の電力は、市役所内にあるバイオマスボイラを使った冷暖房を使い、後は屋上の太陽光発電、そして真庭バイオマス発電所が発電した電力を使っています。

 バイオマス発電所の燃料とあんる木材は、木材集積基地と呼ばれるところには、大きなトラックから、軽トラに載せられた切り立ての木材が運ばれていました。入ったところで、車の重量が測定され、木材を降ろした後に再び測定されて、その差額量でお金が払われるそうです。

 バイオマス発電所の中も見学させてもらいましたが、1万kwを発電するものですから、大きな規模です。ほとんどが真庭市で獲られた木材だそうで、まさにエネルギーの地産地消を見た感じでした。

 宿泊は有名な湯原温泉の旅館で、女性の皆さんは遅くまでおしゃべりをしておられたようですが、僕は大きな部屋で一人静かに眠りにつきました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/580-6ae9812a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

省ちゃん

Author:省ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック