Entries

「広島のシムヤンネ」

 たまに韓国の人と会うことが在るのですが、これをいうと絶対に受ける、みんなが僕を見て笑いながら、歓声をあげるというのがあります。

 5月4日も韓国の平和団体の人が広島を訪れ、交流の場が行われました。その場で、「僕は広島のシムヤンネです」と挨拶すると、一斉に「シムヤンネ、シムヤンネ」という歓喜の声が上がりました。

 シムヤンネという人、韓国の有名なコメディアンで、日本でいうとビートタケシのような辛口の社会批評をする人だそうです。いっておきますが僕はビートタケシが決して辛口な社会批評をする人とは思いませんが、まあーそんな感じのコメディアンだそうです。シムヤンネはコメディアンでもあるそうですが、最近は映画を製作するとかで活躍しているそうです。その点はビートタケシにも似ているかも知れませんね。

 5月4日の交流会の時には、自撮棒で何人もの人から写真を撮られました。なかにはサインをして欲しいとまで頼まれ、まさにタレントのような扱いでした。しかしいくら調子乗りの僕でも、サインは恥ずかしくて勘弁してもらいました。韓国から来た人らは、一斉にスマホからシムヤンネを探して、広島側の参加者にも見せていました。広島側の人も「そっくりだ!」と歓声を上げていましたから、僕もハイテンションになっていました。

 いつか本物のシムヤンネに会って、「広島のシムヤンネ」として日韓交流の橋渡し役をしてみたいものです。

 交流の場では、北朝鮮のこと、「従軍慰安婦」問題、韓国内での受験競争のこと、大統領選挙のこと、儒教社会のことなどに話しが弾み、「明日もまた話そう」とまでリクエストされました。

 韓国は日本と最も近い国ですし、仲良くならなければなりませんね。北朝鮮に対しても、アメリカなどの国と調子を合わせて経済制裁とかいった圧力を掛けるだけでなく、近くの国としてもっと個性的な対話関係を持つ努力が大切なことだと思います。

 韓国からの参加者はほとんどが20歳代の若い人でしたが、日本で宣伝されているような「北は悪い国」という思いではなく、「困ったなあー」という感じでした。それが少し救われたという気持ちにもさせてくれました。

 広島の原爆被爆者の数が多いということで、「韓国のヒロシマ」と呼ばれている慶尚南道の陜川(ハプチョン)に、来月にも「原爆被害資料館」が完成する予定だそうです。韓国でも釜山という最も日本に近い場所から、車で約2時間くらいです。「広島のシムヤンネ」して、是非とも訪ねてみたいと思っています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/576-45dd442e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

省ちゃん

Author:省ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック