Entries

復興大臣の発言

 メチャ忙しいという訳でもないのですが、人に会うこと、人前で話すこと、書くこと、新聞や本を読むこと、仕事をしていること、等などでどうしてもブログの方がおろそかになってしまいました。書きたいことはたくさんあるのですが、時期を逸すると古い話題になっているようで、どうしてもスルーしてしまいます。本当はすぐにスルーしてはならないことだらけなのですが。

 今村復興相の発言による辞任、新聞で辞任した日を確認したら4月25日のことですから、ほんの10日前のことです。すぐに忘れてしまうことの忘却に苛立ちを思います。

 4月4日の、原発事故の自主避難者が故郷に戻れないことを、「本人の責任」と発言したこと、そして4月25日の「まだ東北で良かった」という発言、彼の発言の中には原発被害、放射能被害という思いは無いのでしょうね。そういうところは、安倍首相が3月11日の追悼式の式辞で原発事故にひと言も触れなかったという問題と同じだと思うのです。

 今村復興相の方は、積極的に本音を話す人、安倍首相の方は言わないことで本音を出す人、「どっちもどっち」という感じではありますが、安倍晋三の方が悪い知恵は上で巧妙だと思います。

 確かに原発事故が島根であったり、若狭湾であったりしたら、風はこの時期はだいたい東方向に吹くので、日本列島での被害はもっと広がり大変だったとは思います。しかし「まだ東北で良かった」はないでしょう。

 今村復興相も、安倍首相も放射能被害についての特殊性を理解していないのか、知っているのでしょうけども、あえて避けているようで許せないという思いです。

 「3・11甲状腺がん子ども基金」が、甲状腺がんと診断された子どもたちに実施したアンケート結果が送られてきました。その中で甲状腺がんと診断されて心配になったり悩んだことは?という質問に対し、一番多いのは結婚で、治療費、学業、就職、経済、生活、出産というように続きました。心の問題では「いつ死ぬのか」「自分だけがなぜ、と悩んだ」「仕事が続けられるのか」「対人関係において理解が得られない」という言葉も並びました。

 なかには病気を理由に、内定取り消しになったという声もありました。この結果を見て、広島・長崎の被爆者が長年抱えている状況と重なり、大きな衝撃でもありました。

 広島・長崎の体験、チェルノブイリの現実の中で、ヒバクシャの苦しみは、ただ単に病気になるということだけでなく、「もしかしたら」という不安や恐れを感じながら生活をしていかなければならないということを、理解しなければならないと思います。単に病気になるというよりも、不安や恐れを持って暮らす方がたいへんな被害だと思います。

 東日本大震災の被害を、あえて戦略的に地震と津波だけに限定させてしまおうとする復興相も首相も、その魂胆が丸見えだからこそ、やりきれない怒りが湧いてきます。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/575-62835993
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR