Entries

パノプティコンの住人

 朝日新聞が「パノプティコンの住人」という特集をやっています。読んでいる方もおられると思いますが、とても興味深く見ています。

 パノプティコンとは、「もともとは監視者がいなくても囚人が監視を意識する監獄施設のこと。転じて20世紀にフランスの哲学者フーコーが、権力による社会の管理・統制システムの概念として用いた」と新聞にも書いていました。

 21日の記事がパノプティコンを適格に表現していました。大タイトルは「議論封じ沈黙の自民」というものでした。

 「みなさん、もっと発言して下さい」と天皇の退位をめぐる自民党の懇談会で、座長の高村正彦副総裁が促した。そこである議員が発言したところ、高村さんが「この場ではやらない。収拾がつかなくなる」と制した、というものです。「意見させぬ空気」という、見出しもありました。

 僕も同じような経験を嫌になるほどしています。「忌憚のないご意見をお願いします」ということを、会議の冒頭に司会者などが言います。「忌憚のない」というのは、「遠慮のない」という意味ですが、根が単細胞の僕は「じゃあー」という感じで意見を言うと、不愉快な顔をされ時には怒られ、「時間がありません」とまで言われます。

 そんなことなら「忌憚のない」じゃのいうことは言うな!、と叫びたくなります。川柳で、「意見言えというから発言したら、即左遷された」という意味のものがあったのを覚えています。

 新聞記事には、安倍晋三首相に「意に沿わないことが明らかな意見は封じる」という傾向が強く、特に若い議員は「先輩が黙っているから黙る」として、ダンマリを決め込んでいるとも書いていました。

 「安倍一強」の政権政党自民党ですから、みんなビビルのでしょうけども、「民主的」とされている僕が参加している平和団体ですら、最近の会議には「異論」を嫌うという傾向を強く感じるのです。

 会議の場で押し付けられるというのは、まだまだ我慢できるとしても、会議を離れた場でも「あいつはケシカラン」とまでされたら、もう会議に出席しないことにするか、黙っているか、という選択になります。

 僕の性格からすれば、会議に出席はするが黙っているというのは大ストレスです。それなら会議の構成員を辞めるということになるのでしょうけども、自分からそれをいうのは「癪に触る」ものです。

 小泉進次郎議員が「上が決めたことを何も考えずに受け入れる空気が漂っている。なし崩し的に物事が進むことに不感症になったら、党はぶっ壊れる」と新聞記事は書いていましたが、その通りだと思います。

 僕も新年度から町内会の副会長をやることになりました。優しく聞く態度を大切にして、後から不満が出てくるようにはしないように心掛けたいと思っています。

 パノプティコンという言葉を使ったフーコーさん、正しくミシェル・フーコーですが、彼はこの状況を「良くない」として1964年、57歳で亡くなりました。民主主義の危機をフーコーと共有しています。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/574-c84475f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR