Entries

カタルシス(自己陶酔)

 ノンフィクション作家の保阪正康さんの著書、「日本を変えた昭和史七大事件」と「昭和史の教訓」の2冊を立て続けに読んで、だいぶ落ち込んでいます。

 日本が太平洋戦争を行った理由が、どうしても理解できないのです。もっとたどれば昭和12年7月に始まった盧溝橋事件からの日中戦争からアメリカ、イギリスを相手に行った戦争、なんのための戦争だったのでしょうか。

 この間の歴史を改めてここで書くのは、時間とスペースの無駄になるでしょうから省略しますが、「戦争をしたいために、戦争を続けている」「引き際、和解などまったく考えずにいる」そして「誰も自らは責任を取ろうとしない」、それも少数の「ヤレヤレ派」の者どもが、まさにカタルシス(自己陶酔)状態で続けているという感じなのです。

 「きけ わだつみのこえ」に載っている松原成信の書簡というのがあります。松原さんは同志社大学に在学中に学徒として徴兵され、昭和20年8月1日に北京で戦病死しています。その松原さんが友人にあてた書簡の一節です。

 生あらばいつの日か、長い長い夜であった、星の見にくい夜ばかりであった、と言い交わしうる日もあろうか……、松原さんの無念さやるせなさが伝わってきて、本気で涙が出てきました。

 戦争にしてもケンカにしても、どうやって落とし前をつけて仲よくなるか、和解するかということを考えるべきではないでしょうか。そこを考えないで、「イケイケ、ドンドン」では、たくさんの犠牲と益々の泥沼に入り込むことになるのではないでしょうか。

 犠牲というのは単に命が失われるというだけでなく、松原さんが書いているように、「長い長い夜を、星の見にくい夜ばかり」を大切な青春時代に送らねばならないこともです。

 この度の戦争は、東芝の大破綻にも共通しているのではないでしょうか。東芝にも何度も、引けぎわがあったと思います。2001年9月11日の「9・11同時多発テロ事件」が発生した時、僕は原子力発電所が襲撃されることになれば大変な事態になる、それに耐える原発は作れないということをいろいろな場で話していました。アメリカの原発「安全基準」もこの時から、一段と厳しくなったのです。それでも東芝は「9・11」など無かったかのように、突き進みました。あそこで引いていたら、この度の事態は無かったでしょう。

 北朝鮮の核実験やミサイル発射は嫌な事件ですが、安倍晋三首相思いきって金正恩さんに連絡して「会いたい」と言えば、いくらなんでもで「会わない」とは言わないでしょう。それが平和への一番大切な一歩だと思うのですが。

 北朝鮮のこと、シリアのこと、それらが起こるたびに、日本がそれらを口実にして間違った方へ向かっているように思えてならないのですが。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/572-934054dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

省ちゃん

Author:省ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック