Entries

ボーグル原発

 2012年3月11日、福島原発事故から翌年のことですが、僕はアメリカジョージア州アトランタ市に行っておりました。早朝、貸切りバスの集合場所に集まり、同じジョージア州ですがボーグル原発を止めるための「ボーグル原発建設反対3・11集会」に参加するためでした。

 「ジョージアWAND」、英語ではWomens Action for New Directions、日本語にすれば「新しい道を求める女性運動」という平和団体に招待されていたのです。

 主な行事は3月11日に行われたこの集会参加でしたが、前後9日間この地に滞在しました。

 アトランタ市からボーグル原発までは約250㌔ですが、ハイウェイをバスで飛ばしたら3時間半くらいで到着します。バスの中は日本の場合と同じで、サンドイッチとかクッキーを食べたり、参加者が自己紹介をしたりしての楽しい時間でした。

 まずはボーグル原発の正門前で小さなパフォーマンス行動、警備員がウロウロとしていましたが、別に強圧的な態度はありませんでした。僕は写真を撮っていましたが、撮り終わった後に「無断で撮ると注意される」と聞きましたが、もう「終わったカス」でした。アメリカの原発ですから、大きなクーリングタワーが象徴的です。

 正門前行動を終えると、集会の行われる教会広場に移動、教会の人たちが用意してくれた昼食を食べ、一段落したところで集会となりました。歌あり、ダンスあり、スピーチありの集会で、僕もスピーチをしました。

 メディアも取材に来ていて、広島から来たということでたくさんの取材を受けました。「この集会に参加した理由」を訊ねられ、僕は「日本の原発復活を止めるためにボーグルを止めたい」と答えたのを覚えています。

 当時、すでに東芝がウェスティングハウス社を買収していることは知っていました。ウェスティングハウス社はボーグル原発の他、ジョージア州の隣りの州のサウスカロライナ州のVCサマー原発も受注していました。

 ジョージア州とサウスカロライナ州の州境を流れるサバンナリバーは、「核の川」ともいわれているように、たくさんの核施設が在るところです。ボーグル原発への取水も、この川から行われます。ジョージアもサウスカロライナもアメリカの東南部地方で、貧困層の多いところです。

 「日本の原発復活を止めるためにボーグルを止めたい」、自分で話したこの言葉を今、強く思い出しています。2014年にもボーグルを訪ねましたが、工事は2年間で進んでいました。しかし、今は止まっているようです。今年は無理にしても、来年になったらまた訪ねたいと思っています。

 ボーグルの近くに住んでいて、交流が続いているアニー・ローラさん、現在はアトランタに住んでいます。以前はボーグルの近くに自宅や農場を持っていましたが、原発建設に際して立ち退きを余儀なくされた人です。当時の自宅は、電線が切られるなどの強い嫌がらせを受けました。

 このままボーグル原発を止めて、日本の原発復活も止めたい。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/571-37f7c755
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR