Entries

新しい年度の幕開けですね

 実質的に昨日から始まった新しい年度、週2日ですが仕事をしているところにも、何人かのフレッシュな顔を見かけました。昼休み時間に休憩室で見た顔は、「期待と不安」とよく言いますが、どちらかというと「不安」の方が強そうに思いました。それでもみんなスマホに指を滑らせていましたから、やっぱり現代人ですね。

 思えば僕がフレッシュだったのは50年前のことです。もしかしたらあの頃から「フレッシュ」さは薄かったようにも思いますが、最初の日の朝はよく覚えています。最初の給料は1万7千5百円で、その年の春闘で1万9千9百円になったのは鮮明です。

 もちろん銀行振り込みではなく、そのお金は初パチンコに使い、知ったげに本を買ったりしたと思います。神棚に置くこともなく、何よりもわが家には神棚がありません。仏壇はありましたが、母は「うち(自分)を早う一人者にしたような夫は許せん」ということで、仏壇などには手も合わさない人でした。

 とりあえず大先輩としてフレッシュに伝えたいこと、それは自分の中にたくさんの「ひきだし」を持って欲しいということですね。仕事を覚えること、職場の人間関係から学ぶこと、それもとても大事な「ひきだし」ですが、社会的な問題も大いに興味を持って欲しいと思います。

 よく「原発・エネルギー問題を勉強したいのだけど、何の本が良いでしょうか」と訊ねられることがあります。僕は「新聞をしっかりと視て、原発に関連する記事は切り抜いてスクラップ帳に貼りつけること。できれば朝日や毎日などの全国紙と、中国新聞のようなローカル紙の二つを視るのが良いけど」と伝えます。

 「原発オタク」と言われるかも知れませんが、経験から思うのは原発問題がそれ以外の様ざまな社会問題へ通じるということです。東芝問題から株式や会計処理などの知識にも波及しますし、なぜここまで問題がこじれたかという政治や人間関係までも思いが広がります。そしてただ新聞記事だけで納得するのではなく、記事にならなかった裏話というか本音の部分を、自分で想像してみることが大切だと思います。

 大会社や政府・裁判所といえどもそれを構成しているのは、人の集まりです。私たちとほとんど同じような考えを持っているものです。

 3月末に、以前勤めていた僕からいえば後輩ですが、それらの人たちが退職したという連絡もありました。以前の職場の人たちとの関係は、だんだんと薄くしていき新しい人間関係を作ることがお勧めです。

 この3月から町内会の副会長をいう役目を引き受けました。わが町内会にも老人の方が多いようですが、9月の敬老の日に行われる老人会の出席者が昨年はゼロだということでした。その理由を前任者に聞いてみたら、「知り合いがいないから」という理由だったようです。

 僕に言わせれば、新しい人との出会いがあるから楽しいのだと思います。何時までたっても同じ人間とだけしか会わないというのは、これ後ろ向き過ぎますね。この春からのフレッシュな若者も、多くの人間関係を作って幅広人間になって欲しいですね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/570-cf3a6178
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

省ちゃん

Author:省ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック