Entries

三つのホショウ

 4月1日に大阪で“「被爆者援護法」と三つのホショウからフクシマを考える”というタイトルで話しをすることを頼まれていて、頭の中を整理しています。

 70~80年代、被爆者援護法の制定を要求する運動のために、何度上京したことでしょうか。「被爆者列車」と銘うって、今は無き夜行列車で行ったこともあります。そうした場で多くの被爆者の人から、たくさんのことを教えられたものです。それが今、僕の大きな財産になっています。

 その中にあるのが「三つのホショウ」というものです。「ホショウ」という言葉には、「補償」「保障」「保証」があります。「補償」のホショウは、原子爆弾が投下されたことにより、亡くなった人、大けがをした人、親を亡くした人、子を亡くした人、家族を亡くした人、財産を無くした人、そういう人たちへのホショウです。

 そして「保障」のホショウは、今生きている被爆者へのホショウです。健康問題に関するものが大半だと思います。

 「保証」のホショウは、二度と原子爆弾の惨禍を起こさせない、放射線被害者を作らないための社会を目指すというものです。

 先頭に立って被爆者運動を進められていて、1994年1月に92歳で亡くなられた哲学者の森滝市郎さんは、「原子爆弾投下の時に失明した片方の目については、何のホショウもされていない。今生きている自分には、健康管理手当などの手当てが払われている。そして今の政治状況では、これから核兵器が使われたり原発によって被害者が生じるかもしれない。これからの保証の問題が心配だ」と話されたことがあります。

 「だから被爆者援護法制定運動は、単に被爆者の金くれ運動ではない。国民全てのため、世界中の人たちのための運動なのだ! だから国民運動として全国の自治体で制定要求決議がされている。三つ目の保証が大事」ということを熱く話しておられました。

 しかし「国家補償の精神」の被爆者援護法は、当時自民党、社会党という自社政権の中にあっても制定されませんでした。

 特に最近、「被爆者の人はいいよねえー。病院に行っても病院代を払わなくて良いし。手当ても貰って」ということを聞くことが多いように思います。国の医療や福祉に対する政策が後退したことにより、その不満のホコ先が行政に向かわずに、被爆者に向かっているのだと思います。

 小学6年生の時、福島県大熊町に住んでいて3・11を経験した若者が、作文コンテストで原発事故に遭遇したことを書いていました。その中で彼は、“福島県内でも、原発事故で被災した人とそうでない人には温度差がある。「あの家は賠償金で潤っている」との陰口を聞き、心が痛んだ”と。ヒロシマ・ナガサキから72年になろうとしているのに、放射能被害の深刻さが伝わっていないなとシミジミと思います。

 ヒバクシャ問題はタブー視されていたのでしょうか。皆さんのご意見を是非とも寄せてください。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/568-ba7ed448
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR