Entries

やっぱり民進党は打ち出せなかった

 民進党が3月12日に開催する党大会で、「2030年原発ゼロ」を打ち出せるか否か、去年からの関心事でした。95%不可能だろうと予言していましたから、予言が当たったことになります。

 僕も何人かの民進党に所属する国会議員や地方議員を知っていますが、これほど党への結束力も、党からの統率力が無いという政党は珍しいように思っています。今の時代、きちんと統率されているというのは流行では無いとは思いますが、そうだとしても政治信条を同じくする??集まりが政党なのですからね。

 旧民社党から旧社会党までの連合体で出来ている民進党ですし、それぞれの政党の支持基盤であった労働組合の同盟(全日本労働総同盟)と、総評(日本労働組合総評議会)が一緒になって、連合(日本労働組合総連合会)を結成したのですから、同じ考えというのが不可能なのかも知れません。

 新聞に載っていたのですが、連合が発足した翌年の1990年には連合の組織人数は798万2398人となっていました。それが昨年は685万8518人となり約110万人減少しています。

 組織人数が減ったとはいえ大組織ですが、この組織が右にならえで一つの政党を支持するというのは考えてみれば奇妙なことです。僕も連合に所属する大労働組合の組合員として定年退職しましたが、「組織内候補」の選挙ともなればお金も人も、まさに湯水の如く費やして選挙活動が行われていました。組合員のところにはパンフレット、電話、労働組合の新聞、紹介者カードが大量に送り届けられていました。

 退職したらこういう事は無いだろと思っていましたが、今度は退職者の会として同じハメにあっています。退職者の方が暇はあるだろうと、思っているのかも知れません。

 しかし、それだけの力を注ぎ込みながらも、その割には票の数としての結果が出ていないように思います。組合活動が活発な頃には、労働組合の組織人数の倍の票が組織内候補の目標にしていましたが、今は組織人数すら出ないというのが実態のようです。

 それでも職場の中では、「誰に入れりゃあいいのかいのー」という声も聞こえてきました。それだけ政治や選挙に無関心な現状では組織内候補になることは、議員・候補者にとっては大きな意味があるのだろうと思います。

 「労使一体」がますます進む中で、原発問題を例にとれば会社よりも労働組合の方が、原発推進に強引というように思えます。

 彼らにとってみれば、民進党でなくても自民党でも良いのでしょうが、まあー労働組合という「正義の組織」を看板にしている以上、自民党ではおかしい部分を感じるのでしょうね。

 労働組合が自らの要求を実現するために、特定の議員推すということを全く否定する考えはありませんが、原子力発電問題のような全国民的な関心事について、会社以上になっているというのは大いに疑問です。

 労働組合の後押しがなければ選挙が出来ないという現実が、戦後72年を迎えても変わらないということ、議員たちも誰に依拠して政治活動をしているのかと考えてほしいものです。

 「2030年原発ゼロ」を打ち出せなかった民進党、当分、否、このままでは永久に政権には付けないでしょうね。

 僕がJR電車に乗る駅では、ある自民党系の市会議員さんが毎朝、何も言わずに立っています。政治を語る訳でも、おはようございますと挨拶をする訳でもないのですが、ある人がこの議員のことを「エライよね、真面目よねー」と話していました。エライ、真面目の尺度がこれで良いのですかね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/564-6caaf11d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR