Entries

70歳になったらパスピーが貰える??

 満70歳になったら広島市からパスピーが貰える!、「よし70歳になっても頑張るぞ!」という気持ちでおりました。その制度が、どうも怪しくなりそうです。

 広島市には「広島市高齢者公共交通機関利用助成制度」というのが在り、高齢者が積極的に外出し、社会参加できるように支援していこうという趣旨から、1993年度から年間8,640円の助成をするというのが導入されました。。やがてバスカードやパスピーというプリペードカードの乗車券が導入されたために、金額が年間6,000円になりましたが、制度は維持されてきていました。

 もちろん所得制限が在ります。助成の内容もパスピー、JR回数券引換券、など8項目の助成内容から選択するようになっています。

 広島市はこの制度が「買い物や通院などにも利用されており、社会参加に使われていない場合がある」などの理由から見直すとしているのです。今後はボランティア活動や健康づくり活動に参加した場合にポイントを付与して、そのポイントに応じた助成を行うという「見直し」案を提示しているのです。

 これまで通りの制度を存続させるようにという「住みよい広島をつくる会」のチラシを見て瞬間的に思ったのは、ボランティア活動もいわゆる「官制」でなくてはならないのかという恐怖でした。

 原発反対を訴えるために中国電力前で街頭宣伝を行う、核実験に抗議の座り込みに参加するために原爆慰霊碑前に行く、集会などに出席するために出かける、こういうのはボランティアと言わないで社会活動とも政治活動と表現すべきものと思いますが、まあ報酬を得ていないのでボランティアとしても良いでしょう。

 そうだとしても、行政から「良い」ボランティア、「悪い」ボランティアというように区分けされるのが何よりも一番怖いことです。広島市は「買い物や通院に利用されている」とも言ってるようですが、なんで買い物や通院が悪いのでしょうか。根性の浅はかさを思わざるを得ません。

 「あんたに言われたくない」という思いです。所得制限は認めますし、僕がその所得の範囲外かも知れませんが、そういうことは横に置いても、この制度はどうしても存続されるべきです。広島市だけの特別な優遇制度でもありません、いろいろな市や町などでも行われていることです。

 存続を求める署名も行われています。皆さん是非とも協力していただきたいと思います。単にお金の問題というよりも、ボランティアにも政治の目が介入するというのが許せないのです。問い合わせは「住みよい広島をつくる会」で、電話は082-221-2768です、
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/559-becb6e7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

省ちゃん

Author:省ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック