Entries

1月を振り返る

 長いと感じた1月でした。その大きな理由は、大晦日の夜に亡くなった和田長久さんのことから始まります。原水爆禁止運動の大恩人で、本の題名ではありませんが「あなたに褒められたくて」との思いから和田さんに応えたいという気持ちから活動してきたので、まさに支えを失ったという喪失感で、これは今も続いています。

 そして青森県六ヶ所村に行ったこと、ここで聞いた「原燃(日本原燃株式会社)さんが来たので、出稼ぎに行かなくてすむようになった」「息子が地元で就職できた」「出稼ぎが多いということで、この地方では離婚が多かったのだが…」という話し、この国の根本的なイビツな過疎・過密の弊害が原燃の危険、迷惑施設によって解決されるということ、なんともやるせないという思いでした。

 東芝が原発建設事業から撤退するという報道、やっと決断したかと気持ちです。僕はこうなることを見越して、大企業で配当もしっかりとある株を半分売却して、昨年東芝の株を1000株購入していました。もちろん今売れば大損ですし配当もありません。株主として東芝の今後を観ていたいという気持ちからです。これから多くなる廃炉について、廃炉産業として伸びていって欲しいと思っています。

 民進党が3月の党大会で「2030年原発ゼロ」とする「原発ゼロ基本法案(仮称)」を、公表すると発表しましたが、僕は半信半疑です。その理由は東京電力などの電力会社組合の幹部という人が、多数国会議員として存在しているからです。電力会社だけではなく、電機会社、自動車会社という原発推進労働組合の出身議員が大きな顔をしているので、その本気度にはいつも強い疑問を持っているからです。

 元総理大臣の小泉純一郎さんに、上関へ来ていただいて講演をして欲しいということで手紙を書きました。力(リキ)を込めて書いたと思っています。ぜひとも実現させたいものです。

 そして俳優の中村敦夫さんの朗読劇「線量計が鳴る」というのを、広島でやりたいと準備をしています。若い人にあの「木枯らし紋次郎」といっても知らない人が多いようですが、数年前にNHKの朝ドラに出演していましたね。中村さんは福島県の生まれ、東京電力の会長だった勝俣さんと同級生だったと話していました。

 東京のMXテレビで放映された「ニュース女子」なる番組、基地反対運動について徹底的にニセ情報を流すという、怒り心頭というかその低レベルな煽り方には、言葉も出ないという気持ちになりました。僕が特に感じたのは、この番組の出演者の特に女性の服装や笑い方でした。1月2日の番組であるのに、ノースリーブに短いスカート、バカな笑い面(つら)、男出演者の発言に応える態度や姿は、まさにクラブかバーのホステスという感じでした。

 そんなこんなの1月でちょっと思うところがあり、2月から週に二日くらいで曜日も僕の都合を考えてくれるという贅沢なものですが、デイケア―の施設で仕事をすることにしました。「ちょっと思うところ」というのは、今度説明したいと思いますが、僕自身がそろそろデイケア―のお世話になる年齢に近づいた中、学びたいという気持ちからです。

 サッカー好きな孫と、近くの公園でサッカーをするのが楽しみです。15分ハーフで携帯電話のアラームを設定しています。大きな声を出してやっています。そうすると、誰ともなく子どもたちが「僕も、私も一緒にやらせて」と加わってきてくれます。こういう年代(小学1~3年生くらい)の人と話したり交流することの少なくなり年齢になった今、貴重な体験となっています。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/557-bdb24eb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

省ちゃん

Author:省ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック