Entries

「ゴメン」も無く、先送りされていく

 今年も今日で終わり、何もかもが先送りされているという思いがしています。一番は何といっても「反省」です。あれだけの原発事故を起こしても、東京電力も政府も「ゴメン」と言いません。

 朝方から孫が母親から怒られているようです。何の理由で怒られているのか分かりませんが、孫がどうしても「ゴメン」と言わないようです。東京電力も政府も「ゴメン」と言わないのですから、孫の気持ちも分からないでもありませんがね。

 以前、「ケンカの仕方」という一文を書いたことがありましたが、最近は子どもも親世代も、謝るということをしなくなったように思えてなりません。謝ることは責任を取ったことになり、責任を取れば金を取られるということに通じるのでしょうか。子どもに、そんな気持ちが働いているようには、思えませんが。

 先送りといえば、放射性廃棄物の地層処分について「科学的有望地」を年内に公表すると言っておりましたが、先延ばしにしたようです。最初はそう言ってましたが、間からは「科学的有望地を明らかにする時期を、年内に明らかにする」に変わったようですが、それさえも示されていません。

 もう一つは民進党の「2030年代原発ゼロ戦略」の工程表ですが、これも年内に明らかにすると蓮舫さんは発言していたと思います。これも無しのつぶてのようです。

 国民は忘れただろうと思って「知らんぷり」をしておこうと思っているかも分かりませんが、それでは国も民進党も責任在る組織の立場とは言えないでしょう。明らかにできないのなら、まずは「ゴメン」と言って、その理由を説明する責任は当然在るのではないでしょうか。

 高速増殖炉「もんじゅ」の廃炉が決まりましたが、1兆円以上の大金を使っておいて、どこがどうして失敗だったかということを、まずは「ゴメン」と言って総括するのが、社会の基本原則ではないでしょうか。責任が経産省や文部省だけに問われるのでは、これも違うと思います。中国電力も「資源の少ないわが国では、原発から生み出されるプルトニウムを…」という決まり文句を、ずっと使って金も人も注ぎ込んでいたではありませんか。

 安倍晋三くんが真珠湾に行きましたが、「ゴメン」は言いませんでしたし、広島に来たオバマくんもそうでした。

 孫が「ゴメン」と言ったようで、元気な声をだして遊びに出かけました。これでわが家の雰囲気も、和んだという感じになりました。

 1年間、「省ちゃんの前向き語り」に付き合っていただきありがとうございました。皆さんくじけずに、2017年に挑みましょう。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/545-08412307
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR