Entries

小さなものが集まること

 5日~6日は連絡会議の交流総会で、岡山県津山市阿波へ行っておりました。以前は苫田郡阿波村でしたが、2005年2月に津山市に合併しました。中国山地の真っ只中にある地域で、山地からのオゾン酸素と阿波温泉を楽しみました。

 岡山県でもこの地域には、多くの水力発電所が存在しているところです。厳密な定義はないそうですが、水力発電所も10万kw以上の大水力から中・小・ミニ・マイクロまで在り、一般的に1万kwから3万kwまでを「中小水力発電」と呼ぶそうです。

 その中でも「新エネルギー利用等の促進に関する特別措置法(新エネ法)」の対象になっている出力1000kw以下を「小水力発電」と呼ぶこともあるそうです。1kw未満という極小規模発電は「ピコ水力」として分けられることがあり、「ピコ水力」という言葉、聞いただけでも「カワイイー!」という感じですね。

 岡山県は県全体をほぼ均等に縦に4等分するように、西から高梁川、真ん中に旭川、東に吉井川が流れています。この阿波地区は吉井川の上流になるところです。岡山県の中でも、この吉井川流域が水力発電所の一番多いところです。

 その中の阿波発電所を見学しました。最大出力360kwですから、一般家庭用で100戸分くらいの電力を産みだしているといって良い値でしょうか。昭和61年に運転開始をしたもので、普通の家よりも狭いくらいの建物の中からゴーと唸るような音が微かに聞えてきました。建物は木造でその屋根の部分には苔のようなものに覆われ、これぞ環境にマッチしているという感じでした。

 この度もらった水力発電所設備一覧パンフは、岡山県企業局が持っている発電所一覧でしたが、合計6万1430kwの最大出力という規模です。企業局が持っている発電から得る収入は、岡山県の収入になるものです。その他、小水力はJA(農協)とか、土地改良組合などが持っているのもあります。これらからの収入は、農協組合員らの臨時収入に分配されていると思います。

 発電所は発電設備のメンテナンスの他、秋になって落葉の葉っぱなどが送水管に詰まらないようにするとか、積雪地帯では雪が詰まることがないようにする対策が必要だと思います。

 これらの電気出力は小さなものですが、小さなものほど小回りが効くし故障しても360kwくらいなら、代替えはすぐに可能だと思います。100万kwのような原子力発電が故障すれば、その代替え発電を持ってくるだけでも、たいへんなことですから。

 今は発電した電力は、すべて中国電力に売っているのですが、今年4月から電力の自由化も本格化しました。新電力にも売れるようになれば、ますます興味深い展開になるのではと思いました。

 宿泊した阿波温泉は、中国山地からの木材を木質チップにして、これを使ったボイラーで温めていました。その設備も見せていただきましたが、木質チップを貯蔵しているところからは、とても良い木の香りがしてきました。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/530-e0e29b07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR