Entries

身体で感じた広島・長崎の違い

 昨日の夕方、長崎から帰りました。5回の昼食・夕食の内、ちゃんぽん・皿うどんを3回食べました。もっとも有名だと言われている店では、約40分以上は待たされましたが、根性で待って「さすがー美味しい!」と食べました。 
 広島に来る人から「お好み焼きの美味しい店を教えて」と訊ねられることがありますが、ここが良いと言えるような店を知っておかなければなりませんね。

 広島での疲れた気持ちを徐々に平常に戻していくためには、長崎に行ったのはとても良かったと思っています。

 さて、身体で感じた広島と長崎の違いを書いてみたいと思います。言っておきますが、どちらが良いとか悪いとかをいうものではありません。

 長崎駅に降りると、駅の改札を出たところに赤字で「歓迎」と書いた「原水禁大会ご一行様」というのが目につきました。たぶん長崎市かJRが出したものでしょうね、広島駅ではないことですね。この看板だけで、暖かい「おもてなし」の気持ちを感じました。

 広島であって長崎で見当たらなかったこと、いわゆる「セクト系」の集会チラシはもらいましたが、市民団体が主催する集会などが余り無いことです。原水協主催のものは在るのだと聞きましたが、目に付きませんでした。

 9日の日は、爆心地公園辺りで「安倍は長崎に来るなー」というヘルメットを被ったデモ隊を見かけましたが、警察の警備がとても薄いというか普通のデモ隊への対応と同じだということも思いました。広島ではデモ隊より機動隊員の数の方が多いのではないかというほどの警備ですが、長崎はいたって少なく、数人程度のおまわりさんだけのように見えました。

 会場の場所がよく分からなく、交差点に立っている警察官に訊ねたのですがこれまた親切、丁寧に教えてくれて最後に「ご苦労様です」とまで言われて恐縮の極みです。

 そして、市主催の式典に「平和への誓い」というのがあり、被爆者代表の方が話されます。その中で「国会と政府は、憲法に反する安全保障関連法を廃止し、米国の『核の傘』に頼らず、核保有国に『先制不使用宣言』を働き掛けてください」と話された部分、そして最後に「広島、福島、沖縄の皆さんと連帯します」と言われた箇所、僕は爆心地公園の中で持参したラジオで聴いていましたが、広島では無いことです。

 安倍首相が昼食を食べ、被爆者からの要望を聞く会の会場となったホテル前をたまたまその時刻に通ったのですが、入り口付近はホテルの従業員が数人立っている程度でした。ここでも広島での警備のような嫌らしさを感じませんでした。

 広島は首都に近いから、永田町の思惑を過剰なまでに意識するのでしょうかね。開かれ方では、長崎の方が大物というのが実感でした。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/497-cd2acbbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

省ちゃん

Author:省ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック