Entries

偶数月の15日

 2年前に仕事を65歳で完全退職し年金生活者になって、偶数月の15日というのが楽しみだということが、よーく分かってきました。年に6回で、明日がその日です。現役で働いている人には、すぐに分からないかも知れませんが、この日が年金支給日なのです。

 しかし年金の額は年々減ってきています。逆に固定資産税、都市計画税、住民税、県民税、介護保険料、国民健康保険税、自動車を持っているので自動車税など、特に新年度になっていますから、これらの払い込み書や天引き通知がどんどんと届きます。

 職場を退職してからの2年間は、健康保険は任意継続ということで年間13万円くらいの掛け金で保険証が持てていました。その2年もこの3月末で終わり、4月から国民健康保険に切り替えました。区役所の担当の人に前持って概算を出してもらっていたので、だいたい予想はしていたのですが、倍以上の請求書が先日届きました。

 区役所の担当が言われたのは「年金額が多いから…」という言葉でした。多い少ないは比較の問題でしょうけど、決して多くはありません。

 先日、新聞を読んでいると「年々国民健康保険料が上昇している」という記事が目にとまりました。

 所得税をもっと金持ちに多く取り、貧乏な人からは徴収しないくらいの措置はすべきではないでしょうか。せめて年収300万円以下くらいの人は、無税にすべきと思います。金持ちの税金は、以前は所得の75%くらいを課税対象にしていたと思います。それが今ごろは50%くらいになったと聞いています。

 8%の消費税を10%にするという政策は、安倍晋三の政策失敗によって延期になりましたが、これは「今は殴らないけど、3日後に殴る」というのと一緒だと思います。

 消費税は廃止するというのなら分からないでもありませんが、少子高齢化でどうしても必要だというのなら、日常生活品は大きく軽減して、高級品には税率を上げるという「重量税率」を導入してはどうでしょうか。

 株主総会の時期が来たので、会社から総会招集通知というのが届きます。招集通知には取締役らの報酬額が書いてありますが、まさに目が飛び出るばかりの収入を得ています。会社経営者でも、ほとんど収入無しで頑張っている人も多いと思いますが、いわゆる大会社の取締役クラスはもらい過ぎです。一般人より10倍のメシを食べるわけではないでしょうし。

 他社の社外取締役でもやっていたら、そちらからも報酬を得るわけですから、「偶数月の15日」を楽しみにしている人の暮らしや感覚、苦労などは分からないでしょうね。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/475-d7a04c6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

省ちゃん

Author:省ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック