Entries

高校野球観戦

  「春季広島県高校野球大会」を観戦しました。まずは、なんといっても爽やかな風と緑、この時季の野球観戦は良いですね。夏の超暑いのもそれなりですが、まさに身も心も爽やかな気持ちになりました。

 対戦したどちらのチームにも、僕の住んでいる広島市佐伯区の中学校を卒業した選手が多かったように思いました。

 高校野球には「応援ルール」のようなのが在るのですね。このルール、新鮮でした。まずは失敗を責めないことです。プロだと「○○をやれやあー」とか、「交代、交代」とかいう声というかヤジが応援チームにも飛びかいます。高校野球は、自チームの良いプレーには、当然拍手や声援が行われます。しかし、相手チームの失敗にも『喜ばない』。これが爽やかなルールの基本なのでしょうか。

 もちろん高校野球も、ベンチに入られる数は決まっているので熾烈な競争が行われているでしょうし、足の引っ張り合いも当然に在ると思うのです。長い人生の荒波?に犯された僕の中には、自チーム選手の『失敗』を喜んでいるのではという根性が在ると思うのですが。でも対観衆、対相手チームには一丸となっているところには、大いに教えられました。

 繰り返しになりますが、自チームも相手チームの失敗も「責めない、喜ばない」というところです。

 僕の居る世界では往々にして、仲間同士を責め、相手の失敗を喜ぶというのがありますが、心の中ではそういうことはあっても、もろに形に出すのはよくないでしょうね。これを感じさせたのが、最大の収穫でした。

 選手にかけられる声援も、とても面白かったというか興味深い言葉でした。名前も姓の方で呼んだり、名の方で呼んだり、中味も例えば「省ちゃんは我らの救い主」とか「お前が打たなきゃ誰が打つ」という感じです。言い回しにもリズムというか謡曲のような調子があって、相撲甚句を聞いているような感じもしました。

 応援団も高校生、ポロシャツを着た保護者、グランドに入れない部員選手らが中心になって、それぞれが役割りを担っているところ、これも爽やかな要素だったと思います。

 自チームが攻撃をしている時には、応援団はみんな起立して声援、点が入ると肩を組んで緩やかに揺れるところ、そして応援席にいる人はみんな親切な感じでした。


 「古豪」とか「強豪」という言葉が付けられるのは、選手らにとっては大いなるプレッシャーでしょうね。僕だったら「古豪」の方が、よりプレッシャーが強いようにも思いました。「古豪」だと、同じ勝ったにしても、勝ち方によって組合せに運があったとか、そんなことを言われるかも知れませんし。大相撲で横綱が「猫だまし」をしたり、立ち合いに変化したら責められるけど、下の者だと頑張ったになるようなものでしょうか。しかし結果がすべての世界、そして「今日負けたら明日が無い」というトーナメント方式、そこが高校野球の良いところでしょうか。

 野球観戦をしながら、そんなことを思っていました。僕はボールを投げることも打つことも、守ることもたぶん出来ないでしょうから、選手を見ていて羨ましくも思いました。

 帰りの道で、野球部員に出くわしたので「明日は大変だねー」と話したら、「大丈夫です。勝ちます」という返事が返ってきました。考えてみれば「明日は」というのは失礼ですよね。じゃあ「今日は楽だった」になりますから。

 答えてくれた部員、大きな身体でした。たくさん食べているのでしょうね。このことを、保護者の友人にメールしたら「身体が大きいから食べている、細いから食べていないのではありません。細い子も皆んな頑張ってますよ!涙目で苦しみながら毎日頑張っております。(笑)」の返事がありました。

 何歳になっても、分かっていない僕です。だから、多くのことを教えられたと思った1日でした。

 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/459-a5d47778
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR