Entries

 熊本の大地震

 熊本県を襲った大地震、友人が何人かいるので電話をしました。合志市に住んでいる友人、彼の義父は被害が大きかった益城町に住んでいて、家が完全に押しつぶされていました。

 マスコミは九州電力の川内原発、玄海原発は問題無しと、まるで大本営発表のような報道を行っていますが、僕のもっと大きな心配は、四国電力の伊方原発のことでした。それは、この度の震源地とされている布田川(ふたがわ)断層と日奈久(ひなぐ)断層、その分岐しているYの字部分から、東側に向かっているのが日本で最も大きな活断層線とされている中央構造線だからです。

 中央構造線は、伊方原発から北方向に6kmのところを東西に通っています。布田川断層と日奈久断層が震源になり、地震の発生がその後東方向に移動していることが、とても気になるのです。

 この地震で新幹線は脱線し、高速道路も一般道路も通行不能となっている中で、改めて原発事故が発生した時に本気で住民の避難が可能だと思っているのでしょうかね。原発事故は地震だけで起きるものではありませんが、福島原発事故は地震でしたから、地震との複合性を考えると避難など出来っこないと思いました。

 味も臭いも無いとされている単独の放射能事故の方が、考えようによってはもっと怖いとも思いました。熊本でも「水が無い、水が無い」と言われてますが、水は「在るのに飲めない」という放射能事故だと大混乱になると思います。

 それにしても川内原発について、九州電力は何が何でも止めないという感じですね。苦労して!?つかんだ再稼働ですから、死んでも離さないという思いでしょう。再稼働を前にした時は、「何かの時には、すぐに止めて対策する」と言ってたのを思いだします。

 川内原発は距離があるのですから、あの大地震ですぐに福島原発事故と同意用の事故が起きるとは思いません。しかし異常があってからでは遅いのですし、何よりも市民が「川内原発のことが心配」という気持ちを持っていることが、「何かの時の何か」なのですから。

 私たちがよく使うガルという加速度の単位がありますが、この大地震は1362ガルだったと防災科学研究所は発表しました。最大は1580ガルという報告もあります。阪神大震災の891ガルを大きく上回っています。四国電力は、伊方原発の基準地震動(ここまでの地震には耐えられるように設備しているという数値)を、自慢げに650ガルに引き上げたといいました。中国電力は島根原発2号機の再稼働に向けて、600ガルから800ガルに引きあげたと、「これ以上の安全策はない」といった調子で話していました。

 川内原発の基準地震動は620ガルです
 夏までにも伊方原発3号機は再稼働するのでは、という感じで動いていますが、ここで原子力規制委員会が「伊方原発の審査合格取り消し。川内原発は運転中止に」ということを指示したら、それこそが独立した信頼のある国民に目線を向けている組織だと思うのですが。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/454-58cca99b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

省ちゃん

Author:省ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック