Entries

原発ゼロの日は敬老の日

 原発ゼロ」の日になりましたね。ずっとこの日が続くようにと、身の引き締まる思いです。

 「夏場の電力不足」という脅迫的な悪宣伝により、昨年の7月に大飯原発3~4号機が起動させられ、本当に「夏場」が終われば、停止ということになるのかなと、期待もしていましたが、ずるずると運転が続けられてしまいました。
 やはり、当時政権を持っていた民主党の責任は大きいと思います。

 関西電力大飯原発4号機は、15日の午後4時40分から原子炉の出力を除々に停止させ始め、午後11時に発電を停止、16日の深夜1時33分に原子炉の完全停止となったそうです。今度は、電力不足の脅しは通じないと思います。そんな中、NHKニュースを観ていたら、おおい町の「地元の声」が、「原発が動かないと仕事が無くなる、若い人が都会に出て行き困る」というのを伝えていました。今度はこの脅しでしょうか。

 そして今日は「敬老の日」。
 母親がいた頃、たぶん70歳以上だと思いますが、広島市から敬老祝い金が贈られていたことを思い出します。市から送られた小切手を銀行に持って行き、これもたぶん金7000円だったと思いますが、受け取っていました。いつまでも息子思いの母親は、このお金を僕にくれていました。だから、敬老の日が来るのが楽しみでした。

 今でも、敬老金というのがあるのかなあーと思い調べてみたら、有りました、有りました、しかし年度内に満100歳になる人が対象だと。何と何とハードルが高いことか。

 逆に高齢者の虐待に対する、相談受付けという言葉が目に留まりました。いやはやです。

 敬老の日を前に、3歳の孫が通う保育所から、孫が差出人の手紙が送られてきました。僕の似顔絵と保育園からのひと言が添えてありました。

 ほんのこの前には、母親の敬老祝い金を楽しみにしていた息子が、あっと言う間に孫からの手紙を「喜ぶ」ことになったのです。

 しかし、僕の口から出てきた歌は「命短し、恋せよ乙女」です。いつまでもこの気持ちでありたいものです。この歌、森繁久弥でしたよね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/45-d8840b4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR