Entries

中学生の自殺事件

 広島県府中町の町立中学校の生徒が自殺した事件、悲しいやら情けないやら、腹が立つやらで落ち込んでいます。「前向き」な?このブログを書く気も起りませんでした。

 やってもいない万引きを、その自殺した生徒はどうして最後まで「僕はやっていない」と言いきれなかったのか。どうして担任教師は聞く態度になれなかったのでしょうか。そして何よりも、この学校の閉鎖性というか、教師間の連携の無さです。

 学校という職場だけでなく、どんな企業でも役所でも都合の悪いことが公けになりオープンになるということは、出来れば避けたいというのは必ず在ることだと思います。でもそれが原因で、何よりも大切な命を落とすことになったというのは、最悪だと思います。それも「冤罪」だということがある時点で分かっていたにも関わらず、それの回復措置が取られなかったかというのには、「世も末」という気持ちになります。

 そして万引きをしたということが、高校入学の推薦書を書かないということに、即、結びつくのかということがまさに恐怖という気持ちです。もちろん万引きは窃盗罪という大きな犯罪です。しかし、それは大人であっても初犯だったら説教を食らって始末書で許してもらえるものです。それが中学生で、その処罰が推薦書を書かないということにされるのは、これは初犯にしては厳罰です。

 僕だったら「そこまでやられるのなら服役するから」と言うでしょうね。

 僕らの時には、推薦書というのは在りませんでしたが、内申書というのがありました。今でも内申書があるかも知れませんが、どちらにしても中学生にとって推薦書や内申書は大きな「人質」になるのでしょう。教師が何かあれば「内申書に書くぞ」と言ったのには今でも腹が立っています。その教師が出席する同窓会には、今でも出席しませんから。

 そしてこの学校の校長の記者会見の様子をテレビで観ていましたが、その態度から、声から、「本気度」を受け取れませんでした。

 そして思いだしたのは、一昨年だと思いますが、長崎の離島中学校で起こった同じく中学生生徒の自殺事件です。少し目立ったということで「いじめ」に合い、いじめにあったのはある程度が仕方が無いにしても、やはり腹が立つのは学校がそのことに対して「知らんぷり」をしていたことです。

 一方で教師という職業をしている人の、「心の病」を患っている人の多さです。言っておきますが「心の病」はどの職場にもあります。僕が勤めていた職場にもいつも何人かが、その病で休んでいました。しかし、特に教師の場合は多いと思います。知人の中には耐えきれずに若くして退職した人、長い間休んで病院通いをしている人、何とか仕事をしながらも何人もの人から「定年まで持ちそうにない」という悲鳴のような言葉を聞かされることです。

 選挙権年齢の引き下げで、学校などで「有権者教育」というのが行われているようです。選挙権年齢の引き下げにより、選挙の仕組みとかいうものを教えるのは当然のことだと思います。大人ですら、知らない人の方が多いような感じですから。しかしこれは社会科の授業の一つでやれば良いのではないでしょうか。

 愛媛県が高校生の政治活動について、事前届け出を決めたというニュースがありましたが、ビックリでした。こういうことを「お前らから、どうこう言われたくない。指示されたくない」という気持ちです。

 こんなことを決められて、教師が怒らないのも不思議です。生徒も保護者も、労働組合も、そして世の中の人みんな何故怒らないのかでしょうかね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/444-51e016a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

省ちゃん

Author:省ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック