Entries

洗濯機から異常音発生!

 わが家の洗濯機からガタガタ、ドドドドという異常音が発生しました。なにか詰まったかの簡単な問題だと思い、「洗濯機の原理は洗濯漕とモーターだから」と、知ったげに「視てみよう」と言ったのですが。重さも軽いというのが僕の中の洗濯機感でした。

 懐中電灯とドライバーなどの工具を持って、洗濯機を持ち上げようとしたのですが、持ち上げられるような重さではありませんでした。床との間に接着剤が付いているのではと思ったくらいです。その重さの理由は、乾燥器付きということでヒーター機能が付いていたためです。こんなことを書いたら、省ちゃんは洗濯などしたことがないのだろうと非難されるかも知れませんが、まあ当たっていなくもありません。

 思い出す洗濯機は、ローラーが付いていて洗った物をそのローラーに手動で入れて、ハンドルを回すとセンベイのようになった物が出てきていたあれでした。もっとたどれば、子どもの頃は洗濯板を使い、大きなタライの中でこすっていました。長い間使うと洗濯板の山の部分が丸くなっていき、そうなると買い替えたものです。使えなくなった洗濯板は、風呂を沸かす燃料で消費されました。僕ら世代が、洗濯板の記憶がある最後の世代くらいかもですね。

 僕の中で洗濯板といえば、拷問で洗濯板のような物の上に座らせられて、「白状しろ~」とムチで撃たれるのを想像します。こういう手の夢をよく見るからかも知れません。

 洗濯機は簡単な原理なのだから、というのがこれまでの考えのベースにありました。考えてみたら、ローラー式から二層式になり、乾燥器付きになり、機能は大きく膨らみましたが、それなりに値段も高くなったと思います。

 僕の手ではどうにもならないので、電器店の修理の人に来てもらいました。とても感じの良い人で、洗濯機についても詳しい人でした。製品番号を視て、「これの使用年数は7年です。クラッチが壊れていますが、部品も最終製造日から7年しかメーカーにも在りませんが、でも今なら間に合います」とのこと、僕なら「修理をお願いします」になるのですが、かつてそれなりのお金を出して部品交換したら、それから少し経ったところで煙が出てきたという自動車事件で前科者になっていたので、僕は黙っていました。結局は買い替えになったようです。「ようです」にしたのは、その後の経過については感知しないことにしたからです。

 買い替えにしても、僕だったら店先にズラッと並んでいる中古品を扱っているようなところへ行くと思いますが。その方が安いし、どうせ新品でも使える年数が決まっているのならと思いましたが、こういうことは発言しないのが僕の基本でもあります。

 沸騰水型原発も、BWRから最近はABWRになり、機能が充実してきました。でも機能が充実してくるとますます故障した時に修理が難しくなってくると思います。ABWRについて「あれは、『えーかげんな』BWRよ」と、言った人がいました。

 結局捨てられることになった洗濯機、よく視ると日立製でした。わが家に初めて入ったローラー式洗濯機は東芝でした。日立も東芝も原発メーカー、新品の洗濯機はどこのが来ることでしょうか。まさか三菱、興味深々です。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/441-00c05201
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

省ちゃん

Author:省ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック