Entries

北の核実験

 北朝鮮が水爆実験を行ったということ、悲しい報道です。この悲しいという気持ちは、「憂う」という感覚です。なんとも情けないというか、落ち込む出来事です。

 僕はなんとなくこの時期に何かあるだろうという、予想のような思いを持っていました。比較的仲の良かった中国とも関係が悪くなるなど、国際社会の中でますます孤立し、そうだからこそ国民への締め付けが厳しくなる中で、これしか突破口はないと破れかぶれという感覚に指導部がなったのでしょう。5月に開催される予定の党大会を前に、金正恩の誕生日が1月8日ということで、この日を選んだのだと思います。

 最初に思ったのは、実験が行われた威鏡(ハムギョン)北道、吉州(キルジュ)郡、豊渓里(プンゲリ)実験場近くの住民に、どんな被害が発生しているかという心配でした。地震波の観測で核実験が考えられたのですから大気圏の核実験ではないでしょうから、地下核実験だと思います。地下核実験でも、米国のネバダでの核実験の写真のように地響きとともに、地下が陥没して大きなクレーターが出来て、大量の煙が発生しているという状況かも知れません。

 実験が行われる前に近くの住民は避難させられたのでしょうか。風はどの方向に流れていたのだろうか。これからの健康管理は行われるのでしょうか。水爆は普通の原爆よりも、何十倍も威力が大きなものですから、とても心配しています。

 報道が一切無いので、このあたりの状況は分かりませんが、「(北朝鮮が)けしからん、けしからん」報道だけでは、ますますイライラしてきます。今もそして将来的に被害を受けるのは、普通の国民なのですから。

 昨年広島市で開催された「世界核被害者フォーラム」に関わった者としては、その点が一番心配な部分です。報道の中で視る広島からの声も、同じように「けしからん」だけのようですが、被爆地として果たしてそれだけで良いのでしょうか。

 安倍晋三首相は、「けしからん」「断固抗議する」「挑戦する」を乱発していましたが、そう語る彼の顔からは「だから安全保障法はいるのですよ。こんな国は断固やっつけるべきです。安全保障法を戦争法だのと言ってる連中は世間知らずのバカですよ」というようにしか受け止められませんでした。

 参議院選挙に突入するこの国会で、安倍くんにとっては「追い風」になったと捉えているのではないでしょうか。とても近い国である北、もっと知恵を使った対応は出来ないのでしょうか。

 僕に「いま一番行きたい国は?」と訊ねられたら、間違いなく「北朝鮮」と答えます。北に住んでいる広島・長崎の被爆者の方の現状を知りたいと思っていますので。どうしても行ってみたい国です。

 「考えが甘いよ。そんなことしていたら、拉致されるぞー。帰られんようになるぞー」と本気で心配してくれた友人がいましたが、そう先のことを心配する必要もない年齢ですから。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/420-c44db57c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR