Entries

まとめて1週間

 「省ちゃんの前向き語り」ファンの皆さん、ちょっとブログが途切れたような感じになりました。書きたいことはたくさんあったのですが、少しばかり忙しくて、書くことができないというイライラ感を持ちながら過ごしていました。

 なんで忙しいのかと言われるかと思いますが、この1週間で2度も四国に行っておりました。10月29日~30日、そして11月1日です。29日からの1泊2日は、僕がもう10年以上前から講師をしている、WFC(ワールド・フレンド・シップセンター)のピースセミナーの受講者の皆さんとの、伊方原発ツアーでした。そして11月1日は松山市で開催された「STOP 伊方原発再稼働!11・1全国集会 in松山」です。

 いずれも案内役としての役目がありました。11月1日は日帰りでしたが、大型バスいっぱいの参加者がありました。その前の1泊2日は、実際に伊方原発を見学し、長い間伊方原発の反対運動を取り組んでいる斎間淳子さんからも貴重な話しを聞くことができました。この日は八幡浜のホテルに宿泊し、翌日は道後温泉を楽しみました。

 二つのツアーとも参加された方は、とても満足されたようでした。熱心に聞いてくださったり、質問をされたりすると僕も嬉しいですね。この四国行で1週間のうち3日はつぶれましたし、後は取材・飲み・打合せ・小さな集まりが続いていました。

 さて、この間に思っていたことを一つ。高校生の政治活動について、文部科学省が校外での活動を認めるという通知を出したというニュースです。「あんたに言われることはない。指示されることではないよ」というのが素直な感想でした。というより高校生の政治活動が、禁止されているということを知りませんでした。

 教師が偏った立場の教育を学校の場ですることは、問題があるかも知れませんが、生徒どうしで「原発賛成」「反対」で議論をすることは、大いに勧めるべきではないでしょうか。

 新聞によると、「教育的観点から望ましくない」と学校内外を問わず、高校生の政治活動を制限したのは、今から46年前の1969年のことだそうです。僕が高校を卒業した2年後のことです。そういえば高校生時代に「民青」とかがあったのを思い出します。担任の先生は、毛沢東ファンだったようで短波で放送されていた北京放送を聴くことを教えてくれました。リスナーには中国の切手が送られてきて、大事にしたものです。今でも忘れられない思い出ですし、その切手は残っています。

 「政治的中立」嫌な言葉ですね。この言葉を聴いてすぐに浮かぶのは、「性的中立」というものです。「性的中立」の方が、まだマシだと思いますが、普通の生活の場では、両方ともあり得ないことではないでしょうかねえー。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/393-f7e7a16d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

省ちゃん

Author:省ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック