Entries

安倍改造内閣

 第3次安倍改造内閣の顔ぶれが出てきました。替えないポストと、替えるポストがハッキリしているようですね。麻生太郎・高市早苗・岸田文雄・塩崎恭久・菅義緯らは替えないポストですね。甘利明も石破茂もそうかも知れません。 
後は入閣待望者を一期ごと入れるという感じですね。

 大臣の顔ぶれを見て、最初に感じたのは僕より年上はたったの3人しかいないということでした。「65歳以上の高齢者…」という言葉が現実として痛感させられました。

 大臣個人では、復興大臣に高木毅くんなったことです。この人のお父さんは、長い間敦賀市長を務め、原発誘致の旗振り役をしていた高木孝一さんです。「オヤジはオヤジ、俺とは違う」と言えばそれはそれですが、新聞に載っていた「新閣僚に聞く」という記事には、「尊敬し政治家として目標としていたのが父」と在りましたから、要注意です。このオヤジさん「原発はお金をつくる“打ち出の小づち”一人や二人の奇形な子どもが生まれても…」という意味のことを発言し、大きな問題になったオヤジです。

 まあー自民党内の原発推進議員連盟の事務局長でもあります。なおこの議員の集まりの親分は、島根県から選ばれている細田博之衆議院議員です。そして国家公安委員長などになった河野太郎くん、去年の春だったと記憶していますが、広島市内で少し話しをすることがありました。脱原発をいう自民党の中では異端児だと言われていますが、入閣の時の記者会見で「これまで発言していたことは、大臣の立場になったので封印する」と発言していたことには、「なんや、こいつもこれだけのもんよ」と独り言が出てしまいました。

 林幹雄(はやし もとお)経済産業大臣、これは新聞の記事ですが「原発の新増設は考えていない」と発言した記事には、あの「かわうち原発」の前任者よりも「まあー、ましかなあー」と思っています。そういえば前任者は広島県選出でした。

 そしてこれは替えないポストの一角ですが、松山市を選挙区にする塩崎恭久厚生労働大臣、この男がなぜかアベシンくんと親しいのですよね。松山に行くと、中村時久愛媛県知事とは仲が悪いとも聞きましたが、この度の伊方原発再稼働で安倍晋三くんからの「原発事故が起きたら、国が責任を持つ」の「お言葉」の引出しに貢献したのでしょうか。

 なんといっても岸田文雄外務大臣、戦争法に加担し核兵器禁止条約にも反対しない大臣です。こういうのが選りによって広島市から選出されている大臣だというのは、大きな恥だと思っています。これに反対する声がヒロシマから大きなものにならないのは、まさに恥ずかしいことです。

 それと極め付けは高市早苗総務大臣、彼女の場合は新聞の「留任閣僚に聞く」に出ていましたが、「これまで大したことは何もしなかった」を自慢そうに話していましたが、アベシンからは信頼されているそうです。反抗しないのがアベシンの好みなのでしょうか。高市早苗くんの顔を見るたびに、そのシンボルのように見えて仕方ないのです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/388-fc812a07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

省ちゃん

Author:省ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック