Entries

改正瀬戸内法が成立

 僕たちが瀬戸内法と言っている、正式には瀬戸内海環境保全特別措置法の改正法が成立しました。

 もともとのこの法律は、今から36年前の1979年に施行されたものですが、この度の改正は初の大幅なものとされています。僕はこの改正の進め方を興味深く見ていました。

 最初にガックリする話しをしますが、この法律の最大の問題点は瀬戸内沿岸の大規模な埋め立てなどについて、検証がされなかったことです。法律に埋め立ての規制強化を明記すべきだと思っていました。

 僕が子どもの頃は、わが家から50メートル先は海でした。なにしろここは海老塩浜(かいろう しおはま)と呼ばれていましたから。一人で泳いでいて溺れかけたことがありました。しかし今は住宅地で、マンションも数棟建っています。住民が増えたことによって、ショッピングセンター、保育園、小中学校、スポーツセンターも建設されました。海はまだまだ先の方になってしまいました。干潟が無いから先に追いやられた海は、いつも濁った水になっていますし、貝類を獲ることもできません。

 海の向こうにある日本三景の一つである宮島を、とても近く思えるようにもなりました。埋め立てと同時に、この地域の冬の名物であるカキ養殖も無くなりました。以前は海にはカキ筏が並びカキ打ちの作業場も数軒あり、主に女性の人たちが「うちこ」として働いていました。

 カキ養殖の権利を持っていた人は、多額の補償金を貰って権利を放棄し、多くの人が「カキ御殿」と呼ばれる豪邸を作りました。たぶん30年以上前の話しですから、その御殿も古臭くなったような感じです。「要らざるお世話よ」と言われるかもしれませんが、今はどうしておられるのでしょうか。

 改正瀬戸内法は問題も多く在りながらも、藻場や干潟を守るためへの取り組みを加え、多様な漁業資源の回復や美しい景観の保全に向けた取り組みを加えました。

 その施策を行うために、主に周辺に住む住民らからの後押しを求めてもいます。

 瀬戸内海の自然などをいつまでも残すために、原発建設などはもっての他です。上関原発の建設計画は原発そのもの危険性だけでなく、約14万平方メートルもの海を埋め立て、干潟を壊し、藻場を無くしてしまうものです。こんな計画が許せる訳がありません。そして瀬戸内海には、もう一つの原発問題があります。それは四国電力の伊方原発です。伊方原発は今、再稼働へ向けて強引に動こうとしています。

 改正瀬戸内法も一つの手段として、伊方原発の再稼働を止めさせ、上関原発の建設計画をさせないために使うことが大切だと思います。この法律、具体的な数値などを示していないからこそ、使える部分はあると思います。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/383-c7518212
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR