Entries

思慮の無い発言、否、本音

 東京がオリンピックの開催地にならないことを、願うような気持ちになりました。そうは言っても、昨日まではどうでも良いという感じでしたが、招致委員会の竹田恒和理事長がブエノスアイレスで行った記者会見を聞いてから、本気で思うようになりました。

 竹田理事長は「福島とは離れている。東京は安全だ」と発言したことです。こんな事も発言しています。
「東京は水、食物、空気についても非常に安全なレベル、全く懸念はない」「福島とは250キロ離れている」と。同じ内容のことは、猪瀬直樹東京都知事も現地の空港で発言していたと思います。
 
 いわゆる社会的な立場の高い人の、こういった発言を聞いていると、本当に「軽薄短小 無知無能」を思わざるを得ません。竹田理事長は、きちんと謝罪し、理事長という職を辞するべきです。

 『東京は安全だ』と強調するのは『福島の現状はひどい』ということを認めることです。安倍首相も岸田外相も本音はそうだと思います。安倍は山口、岸田は広島。身近な政治家だから、二人の思っていることも想像できます。原発事故に対する、国の姿勢の根源を見ることが出来ました。
  野田内閣の時の「収束宣言」。この時から、原発に対する政府の考えは捻じ曲がって行ったような気持ちがします。
 
 この国はいつまで経っても、「総括しない」「反省しない」「責任取らない」体質です。「組織された無責任」「組織されたあきらめ」。再来年は戦後70年。原爆投下からも同じです。いつまでも、1945年の夏のあの日ではないでしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/38-f64ca9c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

省ちゃん

Author:省ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック