Entries

決断が出来ないのですか

 始めたことは止められない、それも「やっとの思い」で嘘をつきながら、ごまかしながら、大金を使いながらですから。

 それは川内原発1号機の再稼働のことです。桜島が爆発をして、警戒レベルが3から4に引き上げられ、住民が避難をしているにも関わらずです。川内原発から桜島まで約50㌔、九州電力なぞは影響は及ばない(だろう)とは言ってますが、火山学者は「大規模噴火が切迫している」と警告しています。それでも知らんぷりです。

 百歩譲って川内原発を止めたら九州地方に大停電が起こり、病気治療が出来なくなったりという大きな影響が出るというのならまだしも、電力需給にはまったく問題は無いしという状況の中で、どうして決断が出来ないのでしょうか。

 九州電力も原子力規制委員会も政府も鹿児島県知事も、何を考えているのでしょうか。アベシンなんぞ、山梨県の別荘に泊まってゴルフと休養。それにしてもアベシン君は、フジテレビの会長らと仲良しですね。二日に亘ってゴルフをしたり食事をしています。休養も仲良しの友人とゴルフも食事も決して悪いことではありませんが、フジテレビの番組が「いかがわしい」のも理解出来なくもないという思いです。

 もし川内原発に火山爆発の影響が及んだら、また得意の「想定外だった」で逃げるのでしょうね。司令塔無しのこの国の危機管理ですから。「言い訳」と「責任転嫁」は、もうヘキヘキです。逆に影響が無かったら、「それみろ火山の心配は無いんだ」と言って、やがて規制基準を緩める言いわけに使うのでしょね。そしてまた、福島が繰り返させるようなことになるかもです。

 調べる気になれば分かるのでしょうけど、川内1号は来月初めには、フル出力の運転となり正式な営業運転になるようです。電気出力が89万kwですから、総熱出力はこれの3倍強、約270万kwです。あの場所でそれだけの熱が発生していることを考えたり想像しているだけで、ブルブルとそら恐ろしくなります。

 繰り返しになるかもわかりませんが、電気の使用量が一番多いといわれている夏の本州地方で、2年間原発が動いていないということは、原発は要らないということを証明することになるので、それだけはどうしても避けたかったのでしょうね。馬鹿げた話しです。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/369-a4813eb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

省ちゃん

Author:省ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック