Entries

またもや嫌な事件です

 僕がいちばん気になるアメリカは、アメリカ東南部です。そのサウスカロライナ州チャールストンの黒人教会で17日の夜、銃撃事件が発生し、黒人礼拝者9人が死亡、1人が負傷したというニュースです。

 去年アメリカに行った時も、ジョージア・テネシー・サウスカロライナというのが主な行き先でした。黒人が多く、アメリカの中でも特に貧困層が多いところです。それなのに共和党の支持者が多く、銃規制も進まない地域だとも理解しています。

 犯人として逮捕された21歳の白人男は、人種差別主義者で南アフリカが、かつて行っていた人種隔離(アパルトヘイト)政策を、支持していたそうです。。警察は犯行を「憎悪犯罪(ヘイトクライム)」と断定したそうです。

 去年、僕はジョージア州ウェインズボロでボーグル原発の建設が進められている近くの教会で、地元の人たちに話しをする機会がありました。今回の銃撃事件の起こった教会のように古い建物でした。地元から集まってきた人は全員黒人で、今でも集まった人の眼(まなざし)、顔を忘れることはできません。

 ボーグル原発に反対する人たちはすごい嫌がらせを受け、ある女性は「私たちは教会で祈ることぐらいしかできない」と話していたのを思い出します。

 アメリカは福島原発事故後、原発建設を加速させましたが、その全てが東南部です。東北部のバーモント州ヤンキー原発は、白人を中心にした市民・住民運動によって閉鎖になりました。

 先日、オハイオ州のオバリン大学の教師と学生ら9人が広島にやって来て、話しをする機会がありました。主にアジアのことを勉強している学生で、大学自体も自由な雰囲気という感じで、学んでいる学生たちも良家の息子・娘という感じでした。オハイオ州は北部の五大湖近くです。

 僕がアメリカ東南部で原発建設が進んでいることを話したら、ある男子学生が、「南部は貧しいし、人口も少ないから仕方ない」という意味の発言をしていました。

 それにしてもこの度の事件、本当に悲しく、情けなく、そして怒っています。現場になった教会は、今から約200年前に建設された歴史のある物だそうです。奴隷解放運動の象徴的なところだそうです。

 アメリカ政府、FBI、そしてアメリカ国民が、この事件にどう向き合ってこの国にある根っ子の部分を明らかにして欲しいものです。決してウヤムヤにさせはなりません。来年は大統領選挙ですし。それにしても日本でも多く起こっている「ヘイト」問題、日本も歪んでいると思います。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/346-56736d4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

省ちゃん

Author:省ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック