Entries

口永良部島で火山爆発

 口永良部島で火山爆発が発生したというニュースが飛び込んできました。爆発の高さは、9000㍍にも及んでいるそうです。火砕流も起こり、島民は全員が避難です。

 昨年の御嶽山といい、やはり2011年3・11の東日本大震災に以降、日本列島の地質は危険な動きを見せているということだと思います。

 時をほぼ同じくして、5月27日原子力規制委員会は九州電力川内原発について、運転管理ルールを定めた保安規定について「災害の防止上、問題がない」として認可し、再稼働に必要な全ての審査手続きを完了した、と発表しています。

 九州電力は口永良部島火山爆発と川内原発再稼働の関係について、150㌔以上離れているので、「関係ない」と早速表明しています。関係ないかあるかは、僕にも分かりません。だってさっき起こった火山爆発ですから。口永良部島が、これからどういう動きをするかそれも全く不明で、爆発のメカニズムを分かっていない段階で、九州電力の「関係ない」との発言のふてぶてしさに腹が立つのです。

 九州電力は審査の過程で、火山についてはモニタリングを実施し、極めて大規模な噴火の前兆があった場合には原子炉を止め、核燃料を搬出するとしていました。この判断尺度から見て、口永良部島火山爆発は尺度に該当しないといえるのでしょうか。もし川内原発が動いている時にこのようなことが起こったら、九州電力は影響無いから「止めない」と言い張るでしょうね。「止めるべき」否「止めない」の議論で時間だけが過ぎて行くのだと思います。そして爆発によって、川内原発で大事故が起こったら、「想定外だった」とか言って責任逃れをするのでしょうね。そして「ホトボリが覚める」のを待って、またもや事故などなかったかのようにやりだす、こんなことを想像しています。

 福島原発事故も、その原因はきちんと分かっていません。それでも原発を再稼働しようとする、2030年には原発を20%~22%を維持しようとする、この無責任はどこで正当化されるのでしょうか。傲慢、謙虚さなし、上から目線、市民を馬鹿にした態度、言葉の暴力による口封じ、嘆かわしいばかりです。

 原子力規制委員会が本気で国民のことを考えているのなら、「ちょっとストップ」と言うのは当然だと思います。「裸の王様」ではありませんが、どう考えてもそこまでして原発にこだわる必要性が見いだせないのです。

 5月14日、国際原子力機関(IAEA)は福島第一原発事故を総括する最終報告書の要旨をまとめ、加盟159ヵ国に配布したと発表しました。42ヵ国180人の専門家が作成したものです。その中では事故の原因について、「安全」の思い込みが主因と、日本政府や東京電力の対応を強く非難しています。そして、5月27日に鹿児島~福岡311㌔リレーデモが12日間で博多の九州電力本店に到着したという連絡もありました。

 しかし国際原子力機関の報告書のことも、311㌔リレーデモのことも、マスコミの取り扱いは小さいか取り上げませんね。特に国際原子力機関の報告書は、とても重要な指摘をしていると思うのですが。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/337-cb9766bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Extra

プロフィール

省ちゃん

Author:省ちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック