Entries

今、やらねばならないこと

 中高生だった頃からの悪い性格でしょうか。テストの前になると、日ごろはしもしないのに、部屋の掃除をしたり整理したりするという癖(へき)がありました。他の人にもこういう性格の人はあると思います。
毎朝、6時30分からラジオ体操をしているのですが、この10分間くらいは体操に専念すればよいのでしょうけど、枕の周りに散らばっている新聞紙が気になって片付けをしたりしています。そんなものです。

 原発の再稼働問題では、九州電力の川内(せんだい)原発に原子力規制委員会から最初の再稼働許可が出たということで、全国の人たちが川内原発に集中して再稼働をさせないための行動に取り組んでいます。僕も、川内原発のことはとても気になっていますし、この反対運動はとても大切だと思っています。

 しかし足元では、島根原発2号機の原子力規制委員会における再稼働に向けての審査が、急ピッチで進められているという新聞記事が載っていました。2013年12月に「再稼働申請」がされて、審査会合は45回を数えているのですが、今年だけでその半数に近い20回が行われているということです。

 僕は常々、島根2号を「B(沸騰水型原発)型の再稼働トップとさせてはならない」ということを言っております。福島原発がBで、今まで原子力規制委員会において審査に合格したのは、すべてP(加圧水型)です。いくらなんでも福島原発と同じBの審査が先行するとは考えていませんでしたし。再稼働申請が行われたのも、Pが先でした。

 Bの原発で再稼働申請がされているのは、北からの順番では青森県にあるJパワーの大間原発、東北電力の女川原発、東京電力の柏崎刈羽原発、北陸電力の志賀原発、中部電力の浜岡原発、そして島根原発2号機です。これらの原発状況を分析してみると、消去法から島根原発2号機がBの再稼働トップになる可能性が高いのではと思うのです。

 昨年10月に広島市内で開催した「反原子力の日」集会で講師をしていただいた藤田祐幸さんが、「広島の人には島根原発の再稼働を止めること、上関原発の反対運動に全力をあげて欲しい。全国に人たちが自分の住んでいるところと関わりの強い原発反対に全力を入れて、各地の人たちが出来る限り協力をするということが大切だ」と話されたのを思い出していました。

 まずなんといっても、眼の前にある島根原発と上関原発の問題を考えなければと思っています。統一地方選挙が終わってからということで、打ち合わせ会が延びていましたが、今日松江市で「島根原発問題の打ち合わせ会」が開かれることになり、松江市に来ています。

 島根原発も宍道断層、基準地震動、そして何よりもB原発に設置が義務付けられているフィルター付きベントシステムなどの問題を抱えています。意地にかけても島根原発をB型の再稼働トップにはしたくないです。

 そんなに大きな力のある僕たちの運動ではありますが、特に力を入れて考えなければならないことを選択し、それに全力をかたむけ、事実の分析・検討、なにが相手の弱点かということの判断、その上に立ってなにを行動の力点とするかを考えなければならないと思っています。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/329-1d7f0902
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR