Entries

チェルノブイリ原発事故から29年

 4月26日は、旧ソ連(現・ウクライナ)のチェルノブイリ原発事故から29年の日でした。

 新聞のスクラップ帳を振り返ってみると、事故から3日後の4月29日の新聞に小さく「ソ連原発事故か 北欧3国で強い放射能」という見出しに、記事としては「28日スウェーデンなど北欧3国の一部地域で強い放射能が観測され、3国の当局者はソ連の原発で放射能漏れ事故があったのではないか、としている」と小さな記事を載せています。

 30日からは、本格的に記事が多くなっています。当時の科学技術庁(現・文部科学省)が、放射能観測を開始したという記事とともに「日本へ影響少ない?」とコメントしています。何の根拠から「少ない」としたのか分かりませんが、原発推進の国としては「少ない」とした方が良かったのでしょうね。この日本の体質は今でも変わっていないし、当時のソ連が事故を直ちに発表しなかったのとそっくりです。

 僕がチェルノブイリ事故を実感したのは、5月の連休のことです。中国地方の交流総会を鳥取県で開いている時、雨の中から高い放射線量を観測しました。参加者みんなが驚いたのを覚えています。

 あれから29年、チェルノブイリから7年前の1979年、アメリカペンシルベニア州スリーマイル島原発でも大事故が起こっています。スリーマイル事故では、この時以降アメリカは原発の新規発注を止めました。チェルノブイリ事故では、特にヨーロッパを中心に原発を止める方向に加速しました。

 そして2011年の福島原発事故、スリーマイル島の時、チェルノブイリの時、「原発は止めよう」と決断していたなら、福島は無かったと思うと悔しいやら情けないやらという気持ちです。しかし福島からたったの4年だというのに、またもやこの国が原発復活に進もうとしているのを見ていると、救いようのない気持ちになります。

 上関原発反対運動の拠点といわれている祝島では、毎週月曜日に反原発デモが行われていますが、そのシュプレヒコールで「ソ連の事故で目をさませー」と声を挙げています。何時になったら目が覚めるのでしょうか。

 29年の日、広島市内では原爆慰霊碑前の座り込み、そして中国電力本店前ではリレートークなどが行われました。僕は両方に参加しましたが、中国電力前での時、20歳代と思われる背広にネクタイ姿の男が僕たちの掲げている脱原発の看板を見て「根拠を出せー」と声をあげながら足早に通り過ぎました。間違いなくチェルノブイリの時には生まれてもいなかったに違いありません。

 最近どうもこの手の若者が増えてきているように思います。若者だけではないかも知れません。「ネトウヨ」とかいう人たちもこの部類に入るかも知れません。こういう人に限って選挙には行かないようにも思います。

 中国電力前に来ていた僕と同年代の人が「抑圧されている気持ちをああいう形でなくて、世の中を変えるようにしてくれたら良いのにねー」と語りかけてきました。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gomenda4918.blog.fc2.com/tb.php/325-ef37fb8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR